プロジェクト概要

「有機薄膜太陽電池」は薄くて軽く、設置場所を選ばず、カラフルでデザイン性に富んだ未来の太陽電池です。当プロジェクトでは、分子デザインからデバイス作製まで全ての工程を研究しています。高効率で安定な太陽電池を志向し、ドナーやアクセプターの開発、有機無機ハイブリット太陽電池の研究を行っています。また、電極にカーボンナノチューブを用いることで、レアメタルを使わないオールカーボン太陽電池の開発にも力を入れています。

研究代表者

松尾 豊

名古屋大学 未来社会創造機構 マテリアルイノベーション研究所

2001年大阪大学大学院基礎工学研究科化学系専攻博士後期課程修了。2001年東京大学大学院理学系研究科化学専攻助手。2004年JST/ERATO中村活性炭素クラスタープロジェクトグループリーダー。2009年東京大学大学院理学系研究科光電変換化学講座(社会連携講座)特任教授。2016年東京大学大学院工学系専攻機械工学専攻特任教授。2019年名古屋大学未来社会創造機構 教授。

研究者からのメッセージ

「有機薄膜太陽電池は、新しい太陽電池のひとつです。最新の無機電子材料を組み合わせて、エネルギー変換効率の向上を図るとともに、その活用に向けて、一般の方々との対話の場をつくることもめざします。」

過去の入居期間

第1期:2017年4月~2020年3月