日本科学未来館とは

128_miraikan_1.jpg

日本科学未来館は、いま世界に起きていることを科学の視点から理解し、私たちがこれからどんな未来をつくっていくかをともに考え、語り合う場です。
展示をはじめ、トークセッション、ワークショップなど多彩なメニューを通し、日々の素朴な疑問から最新テクノロジー、地球環境、宇宙の探求、生命の不思議まで、さまざまなスケールで現在進行形の科学技術を体験いただけます。


館長挨拶

128_mohri.jpg

日本科学未来館は、科学技術を「人類の知恵」のひとつ、つまり「文化」のひとつとしてとらえ、語り合う場として2001年に開館しました。一般の人々と専門家がともに科学技術の役割や可能性を考え、一緒に将来社会を描けるように、すべての常設展示を第一線の研究者・技術者とともに作り上げ、表現しています。また、文化としての科学技術をよりよく理解してもらうために、多くの外部組織と協力し連携しながら、さまざまな手法を用いた企画展を開催しています。
もう一つ重要視しているのは、社会の多様な人々と科学技術をつなげ、未来の社会を共に作り上げる科学コミュニケーター人材の養成です。科学技術に関する対話の創出、あらゆる立場の人々との館の中にとどまらない協働など、日々の科学コミュニケーション活動の実践を通じて、継続的に人材の育成・輩出を行っています。
さらに、世界の科学館の中でも非常にユニークな存在である研究エリアを設けているのも大きな特色です。展示場の廊下を隔てた研究エリアでは研究者たちが多岐にわたる分野で世界を相手にしのぎを削っている先端研究現場を垣間見ることができます。研究者たちは自身の研究活動を社会に理解してもらうために、当館スタッフと協力してイベントや実証実験、科学コミュニケーション活動も積極的に行っています。
社会環境がめまぐるしく変わるなかで、世界の科学館の役割も急速に変化しています。私たちは科学館におけるグローバルな視点をさらに推進するために、2017年にアジア初の世界科学館サミット(SCWS2017)を主催しました。世界中の科学館の代表者をはじめ、教育関係者、政策関係者、企業関係者らと議論を深め、持続可能な未来の実現に向けた科学館の活動方針・行動指針を「東京プロトコール(※)」としてまとめました。今後はこの「東京プロトコール」を踏まえて展示活動を展開し、持続可能な社会を創出する役割を世界の科学館とともに担っていきます。
世界に開かれた科学コミュニケーション拠点として、科学技術の役割を問い続け、あらゆる分野の「知恵」を集めグローバルな人類の将来社会に貢献できるよう活動して行きたいと思います。皆様のさらなるご理解、ご支援をお願い申し上げます。

日本科学未来館 館長 毛利 衛

※東京プロトコール
https://scws2017.org/jp/tokyo_protocol/

About us