Miraikan ビジョン 2030

あなたとともに
「未来」をつくる
プラットフォーム

大きな変化のなか、未来が不透明ないま、
ミュージアムにできることは、なんだろうか。

未来館がほんとうにつくり、つたえたいもの。
それは、先端の科学技術の成果でもなければ、その知識でもない。

あなたの声が、行動が、世界を変え、未来をつくる。
月を超えて火星へ。人生は100年へ。人もロボットも街もかしこく。地球はずっと美しく。
そんな夢のような未来は、あなたがいるから実現できる。

未来館は、あらゆる人々が立場をこえて、場所をこえて、
つながり、ワクワクし、わたしたちの未来をつくりだすプラットフォームへ。

次の10年、ミュージアムのその先へ。

さぁ、はじめよう。あなたと。未来館と。


「Miraikanビジョン 2030」について詳しくみる

シンボルマーク

日本科学未来館 シンボルマーク

シンボルマークは、正円と、正円を駆けめぐる円弧とで構成されています。「地球と衛星軌道」、「細胞分裂」、「地球上の様々なネットワーク(人と人、情報)」、「電子の動き」などをイメージさせるもので、日本科学未来館が扱う先端科学技術の多岐にわたる分野を表現しています。

Miraikanストーリー ともにつくる挑戦

2001年7月の開館以来、科学技術の役割と未来の可能性について考え語り合う場として、さまざまなつながりを築き、歩んできた未来館の活動を、特別な映像シリーズでふり返ります。


「Miraikanストーリー」について詳しくみる