だれもが楽しめるミュージアムをつくる!

もっといろいろな人に展示やイベントを楽しんでほしい。

日本科学未来館ではこれまで、建物や展示のバリアフリー化を通して「アクセシビリティ」(施設やサービスの利便性)の向上に取り組んできました。これからはさらに一歩進んで、多様な人が楽しめる展示ツアーや、五感を使って体験できる展示など、新たな体験を生みだす手法の開発に取り組んでいきます。

障害や年齢などの“ちがい”に関わらず、多様な人が楽しみ、交流できる未来館をみなさんと一緒につくっていきます。

3つのアプローチ

アクセシビリティの課題はたくさんありますが、まず進めていくのは、「館内の移動」、「展示体験」、「イベントへの参加」におけるアクセシビリティの向上です。障害の当事者をはじめ、教育現場の先生方、研究者などさまざまな立場の方の協力を得ながら取り組んでいきます。


館内の移動をサポートするツール

視覚障害のある方や、車いすを利用する方、地図を読むのが苦手な方も、もっと自由に館内をまわれるよう、サポートツールの開発や音声ナビゲーションの提供を行っています。

AIスーツケース

視覚障害者を誘導する自立型ナビゲーションロボット。障害物や人を認識して、安全に目的地まで案内します。現在、定期的な体験会の実施にむけて準備中です。
(協力:次世代移動支援技術開発コンソーシアム)

アプリ「インクルーシブ・ナビ」

音声ナビゲーションシステムにより、アプリと会話をしながら館内の行きたい場所に案内してもらえます。車いすやベビーカー利用者向けには階段や段差のない経路を案内します。

  • 「インクルーシブ・ナビ」は、清水建設株式会社が運営するスマートフォンアプリです。
  • 現在、車いす利用者モード、ベビーカー利用者モード、一般歩行者モードをご利用いただけます。視覚障害者モードは準備中のためご利用いただけません。
  • ご利用になった感想やご意見をフォームよりお寄せください。
    外部サイトへ移動しますフォームへアクセスする

iOS版・Android版が以下からダウンロードできます。

App Storeからダウンロード
Google Playで手に入れよう

五感を使って体験する展示

見るだけではなく、聞く・触る・嗅ぐなど、さまざまな感覚を使って理解したり、発見したりできる新たな展示体験を提供していきます。

ビジョナリーラボ「セカイは微生物に満ちている」(3F 常設展示)

展示の一部に凹凸のある素材を使用することで、わたしたちの体にいる常在菌の種類や割合を、見て触って知ることができるようにしています。微生物の大きさを触って体感できる展示もあります。

みんなが楽しめるイベント

多様な人が参加し楽しめるイベントを開発していきます。リアルタイムで音声を認識し、字幕を表示する最新のシステムを使った展示ツアーはその一つです。

See-Through Captions(シースルーキャプションズ)を使った展示ツアー

透明なパネルに音声情報を字幕表示するシステム。話し手の顔と字幕の両方を見てコミュニケーションをとることができます。
(研究開発: xDiversityプロジェクト 協力:株式会社ジャパンディスプレイ)

関連リンク