Mirai kan
Mirai can

2030、未来館は、進む。もっと、先へ。あなたのほうへ。だれもが未来にワクワクし、自由に夢を描き、かなえる。ここは未来をつくる実験場。

閉じる
閉じる

Mirai can

未来館は、進む。もっと先へ。あなたのほうへ。いろんなギャップを飛びこえて、科学や技術と、みんなの思いをつなぎたい。はるかな宇宙の話にも、身近なくらしにも、ワクワクしてもらいたい。ふれて、心が動いて。未来はつくっていけるんだ!と、手ごたえを感じるミュージアムへ。これからの「未来」はきっと、遠く手の届かない場所じゃなくて、一人ひとりの願いの中にある。だからまずは聞かせてください。あなたの、かなえたい未来はなんですか?

閉じる
Mirai can 火星に別荘!
Mirai can 100%再生可能エネルギー!
Mirai can 食べ残しゼロ!
Mirai can じいちゃんとフルマラソン!
Mirai can 宿題ロボット!
Mirai can 南極からテレワーク!
Mirai can ずっと美しい地球!
Mirai can 大阪まで15分!
Mirai can 絶対に忘れものしない生活!
動画を再生 日本科学未来館 2030
コンセプトムービー「Mirai can_!」
Mirai can カード ~かなえたい未来に願いを込めて未来の種を育てよう!~ Mirai can FES -ミライ キャン フェス- ~あなたと未来をつくる3日間~

Mirai can ワクワクする未来館! Mirai can ワクワクする未来館!

あなたの思い描く未来を、みんなでつくる。そんな、ワクワクする実験場になることが、未来館のかなえたい未来のひとつです。これからの未来館を描いた、5つの未来像を紹介します

イラストを
タップしてみよう

はるかな宇宙にも、身近なくらしにも、ワクワクする未来があります。

1
閉じる
閉じる

未来をひらく、4つの入り口。

科学が好きでも、苦手でも。子どもでも、シニアでも。みんなが未来を自分のこととして考えて、関わってほしい。そんな思いから、未来館では、人それぞれの視点、関心事から、未来を考えるきっかけとなる4つの入り口をつくりました。

「Life」「Society」「Earth」「Frontier」。

人やくらしの未来。私たちのまちや社会のこれから。みんなの地球と環境。そしてまだ見ぬ未知なる領域まで、あなたをとりまく、さまざまなスケールでワクワクする未来に出会い、触れてみましょう。

閉じる
閉じる
閉じる

新しい常設展示をつくっています。

「Life」「Society」「Earth」の入り口から、新しい常設展示を、2023年度以降順次公開するため開発中です。これらの計画の一部をご紹介します。

①「Life」新常設展示計画:

「年を重ねる」ってどういうことだろう?
人生100年時代、超高齢社会のいま。科学技術の発展と社会の変化は「年を重ねること」の捉え方や、あり方に大きな変化をもたらそうとしています。
「年齢による変化」は、子どもから大人まで、だれにでも訪れるあなたの未来です。先端技術とともに、五感を使った体験展示を通じて「年齢による変化」を体感し、「自分ごと」として未来を考える。そうすることで、未来におけるわたしたちと「年の重ね方」の新しい関係をみつけていこうとする展示を計画中です。

②「Society」新常設展示計画:

ニュースや私たちの生活において、スマートフォンが私たちの質問に答え、ロボットが接客する、そんないつか見た未来が実現しつつあります。
この新しい常設展示では、AIやロボットが、もっと当たり前に、いたるところで人々の生活に溶け込んだ未来の街を描き出します。さまざまなAI、ロボットの先端技術に触れながら、めくるめく物語の中に入り込み、未来の生活をのぞきながら、くすりと笑えて、じっくり考える。そんな自分ごとの、没入体験を提供する展示をつくっています。

③「Earth」新常設展示計画:

わたしたちは、地球環境の問題は、どこか遠くで起こっていることだと思っていないでしょうか。まずは、この星に、わたしたち人間の生活に何が起こっているのかを知ることからはじめましょう。この展示での体験のきっかけは「旅」です。地球を旅するような体験をしながら、この星のリアルを見に行きましょう。どこか遠くの景色が、実は自分たちの暮らしと密接につながっていることに気づくはず。そこから、現在そして未来の地球のために、あなただからこそできることを探し、あなたの人生や行動を変えるきっかけとなる。そんな体験が提供できればと考えています。

閉じる
閉じる
閉じる

4つの未来の「いま」に触れよう。
シリーズ企画「Mirai can NOW」

あなたと未来を考える4つの入り口「Life」「Society」「Earth」「Frontier」。それらの未来にむけた研究開発や、人々の「いま」に触れ、体験するシリーズ企画。第1弾は「Society」におけるロボット開発の「いま」を取り上げます。

①Society:「空想⇔実装 ロボットと描く私たちの未来」

こんなことができたらいいな、という空想から生まれたロボットは、街の中に実装し使ってみることで、暮らしに溶け込み、そこからさらなる空想を生み出します。自動運転車、パーソナルモビリティ、対話ロボット、卓球ロボットなど、社会に実装されようとしているロボットの“今”を体験し、未来を考える展示イベントです。
会期:2022年7月8日(金)~8月31日(金)

くわしくはこちら

②Life: 2022年10月公開予定

人生100年時代を迎えようとしている「いま」。わたしたちは自らのライフプランだけでなく「健やかさ」の概念そのものを見つめ直す時に来ています。最先端の技術を用いた身体計測、体験を通じて、心身の「いま」を知り、「健やかさ」を捉え直すことで、明日の“わたし”をアップデートするイベントを計画中です。

閉じる

「科学を学ぶ」場から「未来をつくる」実験場へ。

2 2
閉じる
閉じる

未来のあったらいいな、をみんなで考え、つくり、実験し、体験しよう

未来館は、科学を学ぶ場から、未来をつくり、生み出す場へ。
研究者、エンジニア、行政、教員、クリエイター、さまざまな人々が未来館にあつまり、未来の世界をつくる、ものづくりや実験、チャレンジがたくさん行われていきます。それは、展示だけでなく、ロボットの案内、未来の食べもの、あたらしい乗り物になるかもしれません。未来館全体が、そんな最先端の実験に、未来に触れ、未来社会を体験できる場になる。そして、みなさんの体験、意見、アイデア、参加が、実験を実装に変え、ワクワクする未来をつくることにつながっていきます。
未来館は、あなたとともに「未来」をつくる実験場へ。プラットフォームへ。

閉じる
閉じる
閉じる

未来、つくってます。未来館の研究開発プロジェクト

未来館では未来をつくるさまざまな研究開発プロジェクトが進行中。すでに現在(2022年7月)、合計12のチームが未来館内にラボを持ち、研究や技術開発をしています。視覚障害者が自由に行動できるナビゲーションロボット、薄くて軽くてカラフルな太陽電池、サステイナブルな環境に役立つ微生物など、さまざな研究成果や技術が生まれており、みなさんが最先端の研究に触れ、参加する機会を生み出しています。あなたは未来館で、研究者と一緒に、どんなことをしてみたいですか?どんな未来をつくっていきたいですか?

未来館アクセシビリティラボ
研究エリア11プロジェクト

閉じる

おとな、こども、おばーちゃん。科学者、スポーツ選手、クリエイター。いろんな人たちが、ここに集まります。

3
閉じる
閉じる

だれでも、どこからでも。未来にかかわろう。

未来はみんなのもの。だから未来をつくる未来館には、みんなに来てもらいたい。子どもや学生だけでなく、おばあちゃんだってワクワクしながら未来に触れ、考え、参加できる展示やプログラム。目が見えなくても、五感をつかって楽しめる展示やツール。遠くに住んでいても未来館を体験出来るオンラインやヴァーチャルリアリティ。そういったことを実現し、だれでも、どこからでも未来づくりに参加できる場を目指します。

閉じる
閉じる
閉じる

未来をつくる仲間、募集中。

未来館には未来をつくるための研究室や、ラボ、実証実験の仕組みがあり、いまもさまざまな研究者たちが、未来館に集まり、研究開発や実証実験をしています。これからは、研究者だけでなく、企業、学校、行政や、クリエイター、はたまたスポーツ選手だってここに集まり、人や組織が立場を越えて、いっしょに未来をつくっていく。そういった連携や交流の仕組みに広げていきます。未来館はいつだってオープンです。未来をつくる仲間、募集中。

閉じる

未来をつくる、人をつくる。

4
閉じる
閉じる

大きな声で言いたい。「将来の夢は科学コミュニケーター!」

みなさん、科学コミュニケーターって知っていますか?
未来館には30名をこえる科学コミュニケーターがいます。展示や対話を通して、科学技術をわかりやすく伝えるとともに、みなさんと未来のことについていっしょに考えていく仕事をしています。そんな科学コミュニケーターも、未来館と一緒にもっと進化していきます。
文系、理系の枠をこえて、いろんなギャップを飛びこえて、科学や技術と、みんなの思いをつなぎたい。はるかな宇宙の話にも、身近なくらしにも、ワクワクしてもらいたい。そして、科学を伝えるだけでなく、科学を使って、みなさんといっしょに未来を実現したい。
科学コミュニケーターは「科学を伝える」だけでなく、「未来をつくる」人材へ。

未来館は、未来をつくる活動を通して、未来をつくる、人をつくっていきます。
そして近い将来、「科学コミュニケーター」が子どもたちの将来の夢となる、そんな未来をつくっていきます。

閉じる

もちろん、社会や地球のためにも本気です。

5
閉じる
閉じる

サステナブルなミュージアムと社会をつくる!

地球環境をめぐる問題はまったなしです。これまで未来館は展示やイベントを通して、みなさんといっしょに「サステナビリティ(持続可能性)」を考えてきました。これからは、未来館自身の建物や活動、選択と行動を見直し、未来館を実験場としながらエネルギーの脱炭素化、省エネ、使っているものや、食も変えていきます。そうした取り組みをみなさんと共有し、未来館は実験場からサステナビリティのロールモデルとなり、新しいライフスタイルの実現を目指していきます。

閉じる
閉じる
閉じる

だれもが楽しめるミュージアムと社会をつくる!

もっといろんな人に、未来館の展示やイベントを楽しんでほしい。未来館はこれまで、建物や展示のバリアフリー化を通して「アクセシビリティ」の向上に取り組んできました。これからは、さらに音声ガイドや五感を活用した情報保障や展示の実現、また新たに立ち上げた未来館アクセシビリティラボでの研究開発や、外部研究室とも連携して先端技術を使ったアクセシビリティの実証実験をより積極的に行っていきます。アクセシビリティの実験場からアクセシブルなミュージアム、ロールモデルとなり積極的に発信していくことで、アクセシブルな社会、世界をつくっていきます。

閉じる

Mirai can ワクワクするニュース! Mirai can ワクワクするニュース!