展示の概要

零壱庵は、アート作品を通して、科学技術とともに変わり続ける人の認識や社会について考えるギャラリーです。

『AKIRA』の音
不朽のアニメ映画を彩る未知のサウンド

アニメーション映画の金字塔とされる1988年公開の映画『AKIRA』。その音楽は、芸能山城組の山城祥二が作曲しました。山城は作曲家であると同時に、科学者としての顔ももちます。世界各地でのフィールドワーク(学術研究)の成果が『AKIRA』の「音」(音楽・セリフ・効果音)の随所に活かされています。
本展示では、96kHzまでの高周波を含むハイレゾ音源を再生するために、作曲家自身が設計した6台のスピーカーによる独自のサウンド・システムを構築しました。生命力と迫力あふれる『AKIRA』の音世界を体験できます。

※本展示は、2023年3月末まで公開予定です。

上映についてのご案内

約15分の映像を上映いたします。
※初回上映10:45、最終上映16:35

本編上映開始時刻

平日:
10:45※ / 11:45※ / 12:45※ /
13:15 /13:55 / 14:15 / 14:55
15:15 /15:55 / 16:15 / 16:35
土日祝:
10:45※ / 11:15※ / 11:45※ / 12:15※ / 12:45※ /
13:15 / 13:55 / 14:15 / 14:55
15:15 / 15:55 / 16:15 / 16:35

※10:45から12:45開始の回については、本編上映後に映画『AKIRA』のために作曲された『交響組曲AKIRA 2016』より、楽曲「鉄雄」を約10分間お聴きいただけます。

※観覧は先着順です。展示入り口で整理券をお取りください。
※観覧スペースには限りがあるため、定員に達したときなどはご覧いただけない場合があります。
※都合により時間の変更や中止になる場合があります。

展示の種類
アート
体験できる場所
3階(未来をつくる)
総合監修
伊東順二
画像 1
展示会場風景©1988マッシュルーム/アキラ製作委員会
画像 2
作曲家 山城祥二の研究紹介
画像 3
映画『AKIRA』より “音の名シーン”を紹介©1988マッシュルーム/アキラ製作委員会

みどころ・詳細

追加展示紹介

本展示では、音と映像をお楽しみいただけるほか、会場内に、山城氏が収集した舞踏仮面や劇中でも使われた民族楽器「ガムラン」、「交響組曲 AKIRA」の楽譜、映画の絵コンテを追加展示しています。

ガムラン

ガムラン インドネシアに伝わる青銅打楽器

ザオウリの仮面

西アフリカ コートジボワール ザオウリの仮面

楽譜

楽曲「金田」 手書き原稿(複製)

[クレジット]芸能山城組

『AKIRA』絵コンテ

大友克洋原作、監督 1988年公開
第三次世界大戦後の2019年。架空の都市ネオ東京を舞台に、軍事機密である少年アキラをめぐり、反政府ゲリラの少年少女と軍による闘いが繰り広げられる。宗教と政治、超能力やテクノロジーをテーマとした独創的な世界観は、今なお、ファッション、音楽などジャンルを超えた影響力をもっている。

© 1988マッシュルーム/アキラ製作委員会