[お申し込みフォーム]より、必要事項をご記入のうえお申込みください。

最先端の研究成果は、どのような場所で生まれているのでしょうか?
未来館の研究エリアに入居する研究室と、みなさんのおうちをオンラインでつないで、研究の様子をカメラでのぞいたり、研究者に質問したりする「おうちでラボツアー!」。今回は、”未来の電池”をつくる研究現場に潜入します!

充電することで繰り返し使える電池を「二次電池」といいます。
携帯電話やパソコン、さらには電気自動車のバッテリーや非常用電源として、みなさんもきっとお世話になっているはず。

もっと軽く、たくさん電気を蓄えられたら……。未来館で「高エネルギー二次電池」プロジェクトを進める佐藤正春さんは「多電子系電池」とよばれる未来の電池を、材料から開発しています。二次電池の進歩は、私たちの生活を大きく変える可能性を秘めています。佐藤さんの開発した軽くて長持ちの電池を使えば、近い将来、ドローンや電気自動車がパワーアップするかもしれません。

みなさんなら、この新しい電池をどんな場所でどんなことに使いたいですか? 未来の電池の秘密を探るラボツアーに参加して、新しいアイデアを教えてください!

ゲストスピーカー

佐藤 正春

ORLIB株式会社 代表取締役社長

1981年、東京農工大学大学院 工学研究科 工学化学専攻 修士課程修了。博士(工学)。

企画・ファシリテーション

竹腰 麻由

日本科学未来館 科学コミュニケーター

いつか、佐藤さんがつくった電池を積んだ「空飛ぶクルマ」に乗ってみたいです!

未来の電池をつくるひと おうちでラボツアー!

開催概要

開催日時
2021年7月31日(土) 14:00~15:00
開催場所
Zoomウェビナーにてライブ配信
対象
中学生以上
参加人数
500名
参加費
無料
参加方法
「お申し込みフォーム」より、必要事項をご記入の上、お申し込みください。
お申し込み後に、オンライン参加方法をご案内いたします。
主催
日本科学未来館、高エネルギー二次電池プロジェクト
お問い合わせ先
日本科学未来館
Tel: 03-3570-9151(代表)

研究エリア「高エネルギー二次電池」プロジェクトについて

未来館に併設されている「研究エリア」には、最先端の研究を進める12のプロジェクトが常駐しています。そのうちの一つ、高エネルギー二次電池プロジェクトでは“電池で世界をワクワクさせる”をコンセプトに、独自に開発したユニークな二次電池の使い道を、みなさまからのアイデアをもとに探っていきます。
「高エネルギー二次電池」プロジェクト