「疾走するファイバー」展

※本展示は終了しました。ご来館ありがとうございました。

世界レベルの技術を誇る日本のファイバー研究。その用途はスポーツ、情報通信から、宇宙開発や医療の臨床現場まで多岐に渡ります。本企画展では、人間の能力の限界に挑戦し続けるスポーツと、それを支える繊維研究を皮切りに、ファイバーテクノロジーの最前線を紹介します。

NASAの火星探査機、マーズ・エクスプロレーション・ローバが実際に火星着地の際に使ったエアバックのテストモデルを本邦初公開します。
アテネオリンピックでの活躍が期待される水泳の北島康介選手、ハンマー投げの室伏広治選手、陸上の末續慎吾選手らアスリート着用のウェアやシューズもそれぞれの開発ストーリーや本人達からのメッセージとともに公開します。また、車いすバスケットの競技用車いすや陸上競技用の義足など、繊維の利用によりさらに機能が向上したハンディキャップド・アスリートのためのギアの紹介もあります。
さらに、現在「ファイバー」という言葉でもっとも身近な存在となった「光ファイバー」も、身の周りにある繊維のひとつとしてその仕組みなどを実際に体験できるコーナーもあります。

「疾走するファイバー」展

開催期間:
2004年6月30日(水)~8月31日(火)
開催場所:
日本科学未来館 1F 催事ゾーン
主催:
日本科学未来館、社団法人繊維学会
このエントリーをはてなブックマークに追加
Twitterでリンクをあなたのフォロワーに共有する

企画展