本展示は終了しました。

展示概要

本展は、コンピュータやインターネットなどの情報技術とともに進化をつづけ、世界中のエンターテイメントを変えたテレビゲームの進化を一望する展覧会です。2002年に英・バービカン・センターでの開催以来、世界中を巡回し200万人以上を魅了してきました。日本初上陸となる本展では、「ゲームってなんでおもしろい?」をテーマに、オリジナルコンテンツを多数追加。リアルとの領域を越え、実社会に大きな影響を与えるようになったゲームの社会的、文化的な意味について、そして未来について、来場者のみなさんとともに考えます。

展示構成

テレビゲームの歴史を彩る名作120タイトル以上をプレイアブルで展示。1970年代に登場し大ブームを巻き起こした「スペースインベーダー」をはじめ貴重な筐体が勢揃いする圧巻のアーケードゲームコーナーを皮切りに、家庭用ゲーム機の数々、世界を魅了したキャラクター、スマホゲームに至るまで、ゲームの創世記から現在までをプレイします。

ゲームってなんでおもしろい?

「ゲームが動く仕組みとは?」「なんで、ハマってしまうのか?」「開発者たちはどんな工夫をしているのか?」「各専門家がとらえるゲームとは?」など、それぞれのテーマについて、オリジナル編集の情報や映像、各界のゲーム好き研究者や文化人たちのインタビュー、開発者たちの声も紹介、巨大ヒストリーウォールで展開します。

ゲームはリアルに、リアルはゲームに?

仮想世界の中に入り込んだかのような、没入感を超えたまったく新しい体験を実現するバーチャルリアリティ(VR)システムPlayStation®VR(プレイステーション ヴィーアール)を先行体験。ゲームとリアルを繋ぎ、新しい世界を作り出しているコンテンツを紹介。少し先のゲームの未来をのぞきます。

会場風景

photo by Daici Ano
photo by Daici Ano
photo by Daici Ano
photo by Daici Ano
photo by Daici Ano
photo by Daici Ano

関連映像

特別シンポジウム「テクノロジーとエンターテイメントのスリリングな未来」

基本情報

タイトル
企画展「GAME ON ~ゲームってなんでおもしろい?~」
会期
2016年3月2日(水)~5月30日(月)
開催時間
午前10時~午後5時(入場券の購入は閉館30分前まで)
場所
日本科学未来館 1階 企画展示ゾーン
休館日
火曜日(ただし、3月29日(火)、4月5日(火)、5月3日(火)は開館)
入場料
当日大人(19歳以上)1500円、18歳以下 750円、18歳以下(土曜日)650円
※6歳以下の未就学児は無料 ※常設展もご覧いただけます
※障がい者手帳所持者は本人および付き添いの方お一人まで無料
主催
日本科学未来館、フジテレビジョン、角川アスキー総合研究所
企画協力
バービカン・インターナショナル・エンタープライズ
特別協賛
PlayStation
協力
CG‐ARTS協会、株式会社セガホールディングス、株式会社タイトー、立命館大学ゲーム研究センター、株式会社アフレル、インテル株式会社、カドカワ株式会社、株式会社KADOKAWA、株式会社カプコン、KINACO、株式会社コナミデジタルエンタテインメント、株式会社jig.jp、株式会社スイッチサイエンス、株式会社スクウェア・エニックス、東京理科大学近代科学資料館、株式会社ドワンゴ、株式会社ナイアンティック、日本ゲーム博物館、任天堂株式会社、株式会社ポケモン、マイコン&ゲーム BEEP、山崎功、おにたま
後援
文部科学省、デジタルコンテンツ協会、デジタルメディア協会、日本オンラインゲーム協会、日本デジタルゲーム学会(DiGRA JAPAN)、りんかい線、TOKYO MX
平成27年度[第19回]文化庁メディア芸術祭協賛事業