もしみなさんの生活から、自然の恵みがなくなったら?
水、食べもの、草花にいやされる体験など、私たちの生活はあらゆる面で豊かな自然に支えられています。一方で、人の活動により豊かな自然の今後が危ぶまれています。自然も人も大切にできる社会は、どうすればつくることができるでしょうか。

令和3年(第15回)みどりの学術賞を受賞された武内和彦(たけうち かずひこ)さんは、長年にわたって環境問題の解決に向けた取り組みを国際的にリードしてきました。今回のイベントでは、武内さんがたどり着いた「人と自然とのよりよい関わり方」について、そして社会のなかでこれを実現してきたエピソードについてうかがいます。さらに、将来の地球環境がどうなるかは、今後10年の私たちの行動にかかっているともいわれています。そんな今だからこそ、環境問題の「現在」と「これから」についてもうかがいます。みどりが人の笑顔とともにあふれる未来のためにいまできることを、武内さんと一緒に考えてみませんか?

中学生・高校生限定:質問者としてイベントに出演しませんか?

自然が好き、SDGsの活動に取り組んでいる、探究学習をしている、そんなみなさんが普段感じている疑問や困っていることなどはありませんか?
そうした疑問について、イベントのなかで武内さんに直接質問できるチャンスです! 当選者はイベント当日、音声のみで参加いただきます。

どなたでも:武内先生への質問大募集!

直接お話するのはちょっと恥ずかしい……という方も、武内さんへの質問がありましたらお寄せください。「環境問題に取り組むなかで大変だったことはなにか?」、「地域の自然を守るためにできることは?」など、ファシリテーターがみなさんの質問を武内さんにお届けします!

ゲストスピーカー

武内和彦

公益財団法人地球環境戦略研究機関理事長、東京大学未来ビジョンセンター特任教授

和歌山市出身。農学博士(東京大学)。専門分野は、地域生態学、環境学、サステイナビリティ学。東京大学大学院農学生命科学研究科教授、国際連合大学上級副学長、東京大学サステイナビリティ学連携研究機構長・特任教授などを歴任。日本造園学会賞、農村計画学会賞、日本都市計画学会石川賞、日本農学賞・読売農学賞など受賞多数。

企画・ファシリテーション

遠藤幸子

日本科学未来館 科学コミュニケーター

武内先生と考えよう! 自然も人も大切にできる社会のつくりかた

開催概要

開催日時
2021年7月18日(日)14:00~15:00
開催場所
YouTube Live(Miraikan Channel)にてインターネット放送します。
外部サイトへ移動しますご視聴はこちら
参加費
無料
参加方法
1. 当日のオンライン配信視聴の場合
どなたでも視聴可能です。

2. 【質問者として】イベントへの出演を希望される場合(2~3名)
オンラインでつなぎ、みなさんの質問に武内さんが直接お答えします。その様子をみなさんの顔を映さずにYoutube Liveで生配信する予定です。お名前も、愛称など匿名でご出演いただけます。応募条件をご確認いただいたうえで、本ページ内の [お申し込みフォーム] からぜひご応募ください。
応募者多数の場合には、武内さんへの質問内容を参考に参加者を決定いたします。

※応募条件
・中学生~高校生であること。
・インターネット環境があること。
・ZOOMアプリ(無料)をインストールできるPCをお持ちの方。
・7月中に1度、オンラインでの事前打ち合わせに参加できること。
・イベント当日の打合せと本番(7月18日(日)13:00~15:30)に参加できること。
・イベントの様子をYoutube Liveで生配信およびアーカイブ配信することに同意いただけること。

※応募期間
・2021年7月5日(月)17:00まで
参加の可否については、7月7日までに連絡します。
※募集は終了しました
主催
日本科学未来館、内閣府(みどりの学術賞及び式典担当室)
お問い合わせ先
日本科学未来館
Tel: 03-3570-9151(代表)