環境教育教材『ちきゅうをみつめて』の提供

『ちきゅうをみつめて』

教育関係者向けに、環境教育教材『ちきゅうをみつめて』を提供しています。本教材は、物質の循環をテーマにしたアニメーション映像『ちきゅうをみつめて(企画・制作・著作:日本科学未来館)』の鑑賞を中心に、事前学習と事後学習を組み合わせた構成となっています。学校での授業などで是非ご活用ください。


1.教材の特徴

2. 対象

教材の提供は、以下に該当する上映会や授業での使用を対象としています。

3.教材の構成

炭素循環を題材にした30分のアニメーション映像『ちきゅうをみつめて』と、事前学習、事後学習の教材から構成されています。

1) 事前学習(約30~40分):
クイズを交えた対話型のプレゼンテーションで基本的な循環について学びます。

2) 映像観覧(約30~40分):
ミクロとマクロの両方の視点から、炭素が人を含めた世界をどのように循環しているか視聴覚的に学びます。

3) 事後学習(約30~40分):
(小学生~中学生向け事後学習例)
複数のグループになり、映像の各シーンのカードを並べ替えながらゲーム感覚で楽しく内容をおさらいし、理解を深めます。グループ発表では学んだ情報を整理して伝える力をはじめ、思考力・表現力などの生きる力を養うとともに、理科や社会などの教科を人間生活や社会的課題と結びつけて考える力も養います。カード利用時の最適人数40名程度(5名×8班)。
その他の事後学習例は、【資料2】教員向け手引き書をご参照ください。

4.提供資料リスト

カードワークの様子

Blu-rayディスクは、1団体につき1枚を郵送でお送りいたします。送料をご負担いただく必要はございません。また、Blu-rayは返却いただく必要はございません。その他資料は、データでお送りいたします。

1) Blu-rayディスク「ちきゅうをみつめて」(本編30分+監修者メッセ―ジ9分)


2)教員向け手引き書
【資料2】教員向け手引き書(PDF形式)

3)学習スライド
【資料3】学習スライド「宇宙をめぐる〇〇の旅」(PowerPoint形式)※1

4)学習カード
【資料4-1】学習カード(PDF形式)※1

※1は、サンプル資料がご覧いただけます。

5.対象ごとの学習のねらい

児童・生徒が以下の力を育むことを主な目的としています。

    小学4~6年生 中学生 高校生 大学生
(1)科学と向き合う姿勢 科学への興味関心の高まり  
炭素循環と自分とのつながり

(2)科学的な能力

炭素循環の理解
人間活動の地球環境への影響(過去-現在-未来) (★)
地球規模課題や社会の抱える問題を自分ごととしてとらえ、自ら発信して社会の一員としての自覚を持つ   (★)
高度な専門知識と炭素循環とのつながり     (★)
(3)コミュニケーション能力 自分の考え整理し、表現する。
他者の意見を聞き、多様な意見を相対化し、相互作用させて新しい考えを創ったり、判断したりする。     (★)

6.『ちきゅうをみつめて』について

『ちきゅうをみつめて』番組紹介ページ

『ちきゅうをみつめて』本編(30分)※全編視聴いただけます。

『ちきゅうをみつめて』監修者からのメッセージ(9分)

7.利用申込・問い合わせ

資料一式をご希望の方は、
(1)送付先
(郵便番号、住所、施設名・組織名、名前)
(2)E-mail、電話番号
(3)利用目的

をご記入の上、下記メールアドレスまでお申し込みください。
なお、メールのタイトルは "「ちきゅうをみつめて」資料請求"としてください。

日本科学未来館 事業部 プログラム企画開発課 
オープンコンテンツ担当「ちきゅうをみつめて」係
Email: open-contents@miraikan.jst.go.jp
Tel: 03-3570-9214(月~金の10:00~17:00 ※火曜除く)

ご利用案内