企画展 『65億人のサバイバル ― 先端科学と、生きていく。』

※本展示は終了しました。ご来館ありがとうございました。

展示概要

65億人のサバイバル ― 先端科学と、生きていく。

現代人の生き残りをかけた"サバイバー養成プログラム"

温かい食事にやりがいのある仕事、忙しい毎日を支える豊かな物質。 そんな充実した日常生活の延長がもたらすのは、地球温暖化やエネルギー危機、資源の枯渇といった問題の数々です。 世界人口が65億人を上まわると言われる今、現代人はサバイブできるのでしょうか?
日本科学未来館はこの秋より、「現代人のサバイバル」をテーマに企画展を開催します。 会場を彩るのは、体験型の"サバイバー養成プログラム"。 「エネルギー、フード、住環境、道具、コミュニケーション」の5つのミッションをこなすことにより、人類のサバイバル・ツールとしての科学の最前線を探究します。 最新のデータや実物、映像で紹介するのは、核融合や遺伝子組換え食品、植物工場や新しい情報インフラ、そしてナノテクノロジーから宇宙まで至るトピックの数々。
50年先の日常生活を支える先端科学―それがもたらすものを見つめることで、現代に"生きる"とはいかなることかに迫ります。

開催期間
2006年10月28日(土)~2007年2月5日(月)
開館時間
10:00~17:00 ※1/2、1/3は10:00~18:00(入館は閉館30分前まで)
場所
日本科学未来館 1階 催事ゾーン
休館日
毎週火曜日(ただし4月1日、4月29日、5月6日は開館)
入場料
個人:大人900円、18歳以下350円
団体(8名以上):大人800円、18歳以下310円
友の会(大人400円、18歳以下150円)
※常設展示見学可
※障がい者手帳所持者は当人および付き添い者1名まで無料
主催・企画・制作
日本科学未来館
協力
株式会社りゅうせき、 KDDI株式会社、 シーシーエス株式会社、 新日本石油株式会社、 住友電気工業株式会社、 東京ガス ガスの科学館、 日産自動車株式会社
後援
J-WAVE
サイエンスアドバイザー
[フード]
佐賀大学 農学部 熱帯作物改良学研究室
シーシーエス株式会社
田部井豊(農業生物資源研究所 遺伝子組換え研究推進室)
パソナO2(株式会社パソナ)
松本聰(秋田県立大学 生物資源科学部)

[道具]
佐藤一彦(産業技術総合研究所 環境化学技術研究部門)
野地博行(大阪大学 産業科学研究所)
長谷川剛(物質・材料研究機構 ナノシステム機能センター)
藤田誠(東京大学 大学院工学系研究科)

[住環境]
OMソーラー協会
新田慶治(生態工学会/生態工学研究機構/環境科学技術研究所)
山下雅道(宇宙航空研究開発機構 宇宙科学研究本部)
柚山義人(農業・食品産業技術総合研究機構 農村工学研究所)

[エネルギー]
工藤昭彦(東京理科大学 理学部)
三洋電機株式会社
日本原子力研究開発機構 那珂核融合研究所

[コミュニケーション]
相澤清晴(東京大学 大学院情報理工学研究科)
長健二朗(株式会社インターネットイニシアティブ)
P-DRGSコンソーシアム(名古屋大学、NEC、デンソー、トヨタマップマスター、日本気象協会、エイ・ワークス)
村井純(慶應義塾大学 環境情報学部)

[CHECK OUT]
徳永勝士(東京大学 大学院医学系研究科)
デザイン・施工
株式会社丹青社
ジオラマ製作
スタジオ・ビッグアート 特殊工作部
映像
岡本彰生
写真
舛本晋一
テキスト協力
牛久保暖
リサーチ協力(CHECK IN)
ジェネレーションタイムズ
お問い合せ先
日本科学未来館
〒135-0064 東京都江東区青海2-41
(2009年11月1日から青海2-3-6に表記変更)
TEL:03-3570-9151 / FAX:03-3570-9150
このエントリーをはてなブックマークに追加
Twitterでリンクをあなたのフォロワーに共有する

企画展