世界中に普及し、一般の人々の生活に浸透したインターネット。
情報が伝わるしくみをボールの流れで視覚化した展示です。

インターネットで情報が伝わるしくみをボールの動きで視覚化した展示です。ここでは白と黒のボール16 個を「パケット」として情報を送ります。インターネットへ放ったメッセージが、タワー(ネットワーク上のルーターに相当)の中でぐるぐる回転しながら、相手の端末に届くまでを見届けます。実際は目に見えないネットワークを見て理解するとともに、「文字」「音」「動き」などの情報を相手の顔をしっかり見ながら送ることで、インターネットが閉鎖的なものではなく人と人とをつなぐコミュニケーションツールであることもあらためて実感できます。

監修

村井純(慶應義塾大学 環境情報学部)

常設展 | 未来をつくる

アクティビティ未来館をもっと楽しむためのスペースやコンテンツ