概要・沿革

ファクトシート

ダウンロード PDF (約3.7MB) 2017年3月改訂

沿革

日本科学未来館は、科学技術創造立国のための「科学技術基本計画」に基づき、科学技術への理解を深めるための拠点として国際研究交流大学村内に建設され、2001年に開館した国立の科学館です。

1995年
11月
■科学技術基本法が成立
科学技術の振興を進めることにより、科学技術創造立国を目指すことを目的とした科学技術基本法が成立
1996年
7月
■科学技術基本計画が策定
科学技術基本法の成立を受け、科学技術の振興に関する総合的・計画的な施策を推進するための科学技術基本計画が策定
1998年
12月
■「国際研究交流大学村」の建設が決定
文部省、通商産業省、科学技術庁の3省庁*1が合同で、臨海副都心地区に「国際研究交流大学村」を建設することが決定。科学技術振興事業団*2はこの大学村内に、最先端の科学技術の展示、展示方法の開発、研究者の交流等を通じて、科学技術の情報を発信していく施設を整備することになる。
※1 2001年1月、省庁再編成により文部科学省、経済産業省の2省となる。
※2 2015年4月より国立研究開発法人 科学技術振興機構となる。
2000年
3月
■総合監修委員会の設置
科学技術振興事業団は、日本科学未来館のあり方等についての審議を行うため、科学技術理解増進推進拠点・総合監修委員会を設置し、展示計画、活動方針などについて具体的な検討を重ね、それをもとに館の整備が進められた。
2001年
3月
■日本科学未来館の建物が完成
2001年
7月9日
■日本科学未来館が開館
2004年7月 ■名誉館員制度の創設
科学技術に対する顕著な貢献によりノーベル賞など国際的に認められる賞を受賞され、日本科学未来館の活動への理解と協力をいただいた研究者を顕彰し、敬意の念を表する名誉館員制度を創設
名誉館員
2010年10月 ■国際総合監修委員会の設置
日本科学未来館の今後の活動の方向性について国際的な視座から審議するため、国際総合監修委員会を設置。人類の持続的発展に向けた科学館の役割や、日本科学未来館がサイエンスセンターとして果たす役割・方向性について「Miraikan Message 2010」を発信
お知らせ 日本科学未来館 国際監修委員会より「Miraikanメッセージ」を世界に向けて発信
2016年4月 ■常設展の大幅なリニューアル
お知らせ 常設展リニューアル

About us