もえる森 とける大地「マンモスからの警告」展

※本展示は終了しました。ご来館ありがとうございました。

※2019年 企画展「マンモス展」についてはこちら

関連イベント

特別シンポジウム マンモスから学ぶ未来への視点

過去の環境変動と、マンモスの生きていた時代の人類の世界観を知り、現代の多発するシベリア森林火災、融解する永久凍土、加速する温暖化について皆さんと一緒に考えます。

開催日時: 7月9日(日) 13:30~16:00(受付開始 13:00~)
開催場所: 日本科学未来館 7階 みらいCANホール

マンモス・トーク!

展示パネルにはない研究者からお借りしたデータや画像をもとに、「マンモス絶滅のなぞ」、「森林火災の現状と対策」などを、特別企画展の展示にかかわる異なったテーマでご紹介します。 各回、内容は担当によって変わります。

開催日時: 7月15日(土)~9月3日(日) 11:00~11:10/15:00~15:10 (1日2回 各回10分程度)
開催場所: 日本科学未来館 1階 催事ゾーン

会場内レクチャー

第一回「もえる森 ~研究者とパイロットが見る森林火災の現状と対策~」

「宇宙や空からどのようにして森林火災をみつけるか」、また「北方林の山火事がいかに大きいか」について、研究者とパイロットのお二人からお話をうかがいます。

開催日時: 7月16日(日) 15:00~16:00(受付開始 14:30~)
開催場所: 日本科学未来館 1階 催事ゾーン

第二回「とける大地 ~北極圏永久凍土の世界~」

アラスカ永久凍土帯でみられる様々な地形現象、私たちが行っているフィールドワークの様子をご紹介します。

開催日時: 7月23日(日) 15:00~16:00(受付開始 14:30~)
開催場所: 日本科学未来館 1階 催事ゾーン

第三回「マンモス 今と昔 -遺伝子解読の現場から-」

発掘された動物骨や古い標本のDNA分析方法やDNA情報が希少種の保全のためにも応用されていることについても紹介したいと思います。

開催日時: 8月19日(土) 15:00~16:00 (受付開始 14:30~)
開催場所: 日本科学未来館 1階 催事ゾーン

第四回「マンモスQ&A 博士に聞こう! 」

かつてシベリアの大地の王者であった巨大ほ乳動物マンモスは約1万1千年前に忽然と姿を消しました。 いったいマンモスの身に何がふりかかったのでしょうか? 寒冷化ではなく温暖化がマンモスを滅ぼしたのでしょうか?

開催日時: 8月26日(土) 15:30~16:30 (受付開始 15:00~)
開催場所: 日本科学未来館 1階 催事ゾーン

夏休みセミナー(第一部:講演会) 『復元画の描き方―生物が生きていた証拠・化石からー』

今回のユカギルマンモスのように、筋肉や毛などのやわらかい部分が残ることは、とてもまれなことですが、復元の基本は骨格にあります。この骨格をもとに復元する方法を紹介します。

開催日時: 7月26日(水) 13:00~14:00 (受付開始 12:30~)
開催場所: 日本科学未来館 1階 シンボルゾーン

夏休みセミナー(第二部:ワークショップ) 『ユカギル・マンモスの復元画を描こう! 』

復元という作業をとおして、ユカギル・マンモスに命を吹き込んでみましょう。 絵の中に生き生きとした姿を、皆さんの手でよみがえらせてみようと思います。

開催日時: 7月26日(水) 14:30~17:00 (受付開始 14:15~)
開催場所: 日本科学未来館 1階 オリエンテーションルーム 2a

研究者と迫る"マンモス"の謎 (上映会&講演会)

フランスのマンモス発掘隊の作業や謎解きの映像をとおして、過酷な発掘調査とその魅力に迫ります。 また、実際にマンモス発掘にも携わっている研究者が皆さんのもつ"マンモスの謎"に答えます。

開催日時: 8月26日(土) 10:30~15:00 (受付開始10:15~)
開催場所: 日本科学未来館 7階 みらいCANホール

このエントリーをはてなブックマークに追加
Twitterでリンクをあなたのフォロワーに共有する

企画展