企画展「お化け屋敷で科学する!― 恐怖の研究」

※本展示は終了しました。ご来館ありがとうございました。

展示構成

科学トピックス学習エリア ~「恐怖」をテーマとした先端の研究動向~

恐怖は必要な感情だ!

hauntedhouse_02.jpg

抑え込むのが難しく、伝染もする「恐怖」。しかし、恐怖が備わっているから、生物は危険を回避することができます。生きる上で不可欠なことながらも、しばしば私達を悩ませる、このやっかいな感情を生み出す脳の仕組みを解明します。
恐怖の研究法
恐怖に関する研究はどのようにして行われているのでしょうか。恐怖を感じる心の動きと遺伝子の関係や、恐怖の記憶が脳に焼きつけられる仕組みを明らかにする実験など、最新の研究事例を紹介します。
どうすれば、恐怖に強くなれる?
恐怖の記憶をやわらげたり、恐怖に強い脳を作るには、どうすれば良いのでしょうか。最新の研究から得られた、恐怖克服のためのヒントを紹介します。
結局、お化けはいるのかいないのか
心霊写真、降霊術、背後霊、幽体離脱、第六感など。いわゆる超常現象の中には、脳科学で説明できるものがあります。科学が発達した現代の私達を怖がらせる、お化けの存在の有無を解き明かします。

お化け屋敷体感エリア ~映像や特殊装置を駆使した恐怖のアトラクション~

会場内のお化け屋敷の企画・制作は、昨年まで開催されてきたフジテレビ「お台場冒険王」で、お化け屋敷を手がけてきたチームが担当。これまで様々なモチーフで恐怖を演出してきたノウハウを生かし、「恐怖の研究」をテーマに、映像・音響・特殊効果を駆使した本格的なお化け屋敷を製作します。「実験室」、「飼育室」、「薬品庫」など、研究にちなんだ呼び名の仕掛けにより、体験者ひとりひとりが恐怖を感じながら、恐怖を客観的に観察することができます。

企画展「お化け屋敷で科学する!― 恐怖の研究」チラシ [PDF形式]

このエントリーをはてなブックマークに追加
Twitterでリンクをあなたのフォロワーに共有する

企画展