展示ゾーン:潜入!世界一ファクトリー

微細製造技術で次代の医療を切り拓く

手術針

株式会社 河野製作所

微少血管の縫合を可能にした
手術針

直径0.03mm、長さ0.8mm。世界最小の手術針は、医師が顕微鏡を使用して行う精緻な手術(マイクロサージャリー)で使われます。0.1mm の血管吻合、0.05mm の組織の手術を可能にしました。手術患部が小さくなるため治癒も早く、肉体的・精神的負担が少ない医療の実現にも役立っています。肉眼では見えない針に糸をつけるため、直径0.03mm の針を縦に2つに割り、糸を挟んでカシメるという特別な作業は、腕利きの職人が顕微鏡をのぞきながら1本1本手作りしています。


Neomicrosurgery needle

KONO SEISAKUSHO CO.,LTD

The “Neomicrosurgery Needle” is a surgical needles capable of sewing small blood vessels together.