展示ゾーン:源=みなもと

古代から受け継がれた貴重な製鉄方法

「たたら製鉄」の材料
(釜土・たたら炭・真砂砂鉄・ケラ)

所蔵:公益財団法人 日本美術刀剣保存協会

たたら製鉄とは、古代から受け継がれた、自然の恵みと人の技が一体となった、現存する貴重な製鉄方法で、ご神宝、日本刀や美術品の材料として生きています。
すべて自然から得られる材料で作られます。森の釜土で作られた窯を用い、ふいごで風を送り、森から採取した真砂砂鉄と、森の木で作られた「たたら木炭」で熱して鉄を作ります。ケラは、たたら鋼のもとになる塊。釜から出て、いくつにも砕かれ、ほぼそのまま日本刀として使える1級A と2級A、2次加工が必要な銑ずくなどに選別されます。


The materials used in “tatara forging” Clay for the furnace walls, charcoal, masa-satetsu iron sand and kera

On loan from the Society for the Preservation of Japanese Art Swords.

Tatara iron is made entirely from naturally available materials. The furnaces are made from forest clay, with air sent into the furnace from bellows to heat iron sand collected from forests and charcoal made from forest trees, in order to create the iron. Passed down through the generations, it is a treasured, living iron forging tradition that unifies the blessings of nature with the skills of man.