展示ゾーン:未来へつなげ、ビッグプロジェクト

できるだけ遠くへ

IKAROS(イカロス)

展示協力: 宇宙航空研究開発機構

太陽の光の力を受けて進むソーラー電力セイル実証機「IKAROS(イカロス)」。20世紀初頭から太陽光を使うアイデアはありましたが、これまで誰も実現させようとはしていませんでした。薄くて大きな帆を、重力のない宇宙空間でどうやって広げるか。それを解決したのは、遠心力を使うというユニークな方法でした。そして、太陽の光を受けて加速して宇宙空間を進むという、SFのような技術が現実のものとなったのです。計画からたった2年半で実現した世界初の「宇宙ヨット」は、太陽系大航海時代幕開けの期待を載せて、今も地球から遠く離れた宇宙空間を旅しています。


IKAROS

Exhibition Cooperator : Japan Aerospace Exploration Agency (JAXA)