展示ゾーン:潜入!世界一ファクトリー

「誰にでも」つかえる細胞

iPS細胞

京都大学 iPS細胞研究所

iPS細胞を使ってあなたならどんなことをしてみたいですか? 現在、京都大学iPS細胞研究所(CiRA)では「再生医療用iPS細胞ストック」をすすめています。多くの人々に適合する免疫型を持ち、安全性を確認したiPS細胞から作製された、神経などの細胞を提供することができるようになります。
iPS細胞は皮膚や血液などさまざまな細胞にたった数種の因子を加えるだけでつくることができます。その使い道は多彩。難病の原因を解明する、新しい薬を開発する、働かなくなった細胞を新しい細胞と置きかえて機能を再生する(再生医療)など、将来への可能性は広がります。免疫拒絶や倫理面を乗りこえ、「誰にでも」つかえる細胞となること。iPS細胞の挑戦のひとつです。
写真提供:京都大学 iPS細胞研究所


iPS cell

Center for iPS Cell Research and Application

Induced pluripotent stem cells, or iPS cells, were developed by Shinya Yamanaka, M.D., Ph.D. iPS cells can differentiate into almost all the different cell types of the body. Researchers in the field are now constantly sharing ideas, and are working on generating clinical iPS cell banks and furthering research into the creation of cells that can be used by anyone.