展示ゾーン:潜入!世界一ファクトリー

スズを添加してレアメタル量を削減したエコステンレス

NSSC FW(フォワード)シリーズ

展示協力: 新日鐵住金ステンレス株式会社

スズを添加してレアメタル量を削減したエコステンレス。従来のステンレスは、「耐食性」を高めるためにクロムやニッケルなどのレアメタルを多く使用していました。一方で、スズはステンレスの製造に悪影響を及ぼすことが知られていました。その影響を少なくする研究を進める中で、微量のスズ添加は「耐食性向上効果」があること、かつ微量のスズ添加であれば製造への影響もないことを発見しました。この技術を適用したNSSC FW(フォワード)シリーズは、汎用ステンレスであるSUS304に比べてクロムおよびニッケルの含有量を最大40% 削減しています。天然資源の乏しい日本でのステンレス製造において、重要な省資源化技術のひとつです。


NSSC FW Series

Exhibition cooperation: Nippon Steel and Sumikin Stainless Steel Corporation (NSSC)

An eco-friendly stainless steel that reduces the volume of rare metal used through the addition of tin. Previous forms of stainless steel used large quantities of rare metals, such as chrome and nickel, in order to improve the corrosion resistance capability of the product. On the other hand, tin has been known to have an adverse effect on the production of stainless steel. In the process of research conducted in order to find ways of reducing that impact, researchers have discovered that the addition of a microscopic amount of tin can improve corrosion resistance without affecting the production process. The NSSC FW Series harnesses this technology to reduce the content of chrome and nickel by a maximum of 40%, as compared to the general-purpose stainless steel SUS304. This is an important resource conservation technology in the field of stainless steel manufacturing, for a country such as Japan that is not rich in natural resources.