展示ゾーン:未来へつなげ、ビッグプロジェクト

行って帰ってくる

はやぶさ

展示協力: 宇宙航空研究開発機構

月以外の天体に着陸して、サンプルを持ち帰る世界初の偉業を成し遂げた探査機「はやぶさ」。
60億kmにおよぶはやぶさの長い旅は苦難の連続でしたが、技術者や研究者の機転で乗り越え、重力がほとんどない小惑星への自動着陸や世界最長のイオンエンジンの稼働時間など、数々の世界初の偉業を成し遂げました。満身創痍で地球まで帰ってきた最後の試練は、サンプルの入ったカプセルを無事に地上へ送り届けること。約7年間、出番を待ち続けたパラシュートは無事に開き、狙い通りの場所にカプセルが落下しました。


Hayabusa

Exhibition Cooperator : Japan Aerospace Exploration Agency (JAXA)