展示ゾーン:潜入!世界一ファクトリー

量産型ハイブリッド車として世界初!

初代プリウス(NHW10)のパワーユニット(1997年)

展示協力: トヨタ自動車株式会社

プリウスは「21世紀に間に合った」世界初の量産型ハイブリッド車としてデビューしました。モーターとエンジンを上手に使い分けて走ったり、ブレーキをかけたときにタイヤが廻る力で発電したりという、「回す力の上手な使い分け」を実現できたのは「動力分割機構」を開発できたから。ハイブリッドシステムはこのほかに、バッテリーおよびコントロールユニットで構成されます。このシステムをベースにしたハイブリッド車は現在、世界中で活躍しています。


Power Unit of PRIUS (NHW10), 1997

Exhibition Cooperation: Toyota Motor Corporation

The Prius made its debut as the world’s first mass-produced hybrid car that was made “in time for the 21st century.” This car is capable of engaging the motor and engine as needed during a drive, and to generate power through the turning of the wheels when the brake is applied. This ability to make good use of turning force was made possible through the development of the “power splitting mechanism.” In addition, the hybrid system is made up of a battery and a control unit. Hybrid cars produced that are based on this system are now in active use around the world.