展示ゾーン:潜入!世界一ファクトリー

地球のなぞを調べるために、未知の深海に潜る

有人潜水調査船「しんかい6500」

海洋研究開発機構

建造から20年以上運航され、
通算潜航回数1300回以上!

深さ6500m の深海では、指先ほどの広さに約680kg もの水圧がかかります。乗員3名が乗り込むコックピット(耐圧殻)は、高い水圧に耐えられるように厚さ73.5mm の「チタン合金」が使われています。耐圧殻に少しでも歪みがあると、その部分が水圧に弱くなってしまいます。そのため、内径2m の耐圧殻は、どこからどう測っても誤差は0.5mm 以内という非常に高精度な技術で加工されていて、限りなく真球(完全な球体)に近くなっています。


Manned Research Submersible “SHINKAI 6500”

JAPAN AGENCY FOR MARINE-EARTH SCIENCE AND TECHNOLOGY

“SHINKAI 6500” has operating for more than 20 years since it was first constructed, diving to deep sea level over 1300 times!