展示ゾーン:潜入!世界一ファクトリー

技術の結晶は、ノウハウのかみ合わせから

精密射出成形

株式会社 樹研工業

直径0.03mmの針金で
加工した金型から生まれた
プラスチック製歯車

歯車のモジュール0.02mm、歯先外径0.149mm、重量100万分の1g。この歯車の金型は、細い金属線で加工するワイヤーカット放電加工という方法で作られています。最初に空けた穴の直径は0.05mm、この穴に直径0.03mm の金属線を通す作業を、樹研工業の技術者が裸眼で行いました。この歯車を初めて製作してからすでに10年、現在の最先端技術とは異なります。
しかし、これだけ小さな金型の加工は容易ではありません。これを全自動で量産する技術こそが、ものづくり現場の底力です。


Precision plastic molding

Juken Kogyo Co., Ltd.

These plastic gears have been created through precision plastic molding using molds created from wires 0.03mm in diameter.