展示ゾーン:潜入!世界一ファクトリー

薄くて丈夫な和紙の技が、電化製品に息づく

アルミ電解コンデンサ用セパレータ

ニッポン高度紙工業株式会社

土佐和紙の技術で、世界の
エレクトロニクス産業を支える

土佐は古くから和紙の産地。その土佐和紙技術を応用し、電解コンデンサ用セパレータで世界シェア6割を得ているのが、ニッポン高度紙工業株式会社です。
電解コンデンサは電気回路に使われる蓄電器で、セパレータはコンデンサのアルミ箔が接触しないようにする特殊な紙。異物がないこと、密度や厚さが一定など厳しい品質が求められます。
1960年代、密度の違う非常に薄い紙を貼り合わせる技術を独自開発した同社は、それ以来、世界の電化製品を縁の下から支え続けています。


SEPARATORS FOR ALUMINUM ELECTROLYTIC CAPACITORS

NIPPON KODOSHI CORPORATION

These “Separators for Aluminum Electrolytic Capacitors” use the technology derived from tosa washi (a traditional Japanese paper) to support the global electronics industry.