展示ゾーン:潜入!世界一ファクトリー

ミジンコの耳かき!?

マイクロねじ切り工具

日進工具株式会社

工具の開発が可能にした微細加工

時計や電子機器にはさまざまな小さいねじが使われています。この工具を使うと、髪の毛よりも細い「極微小ねじ」の加工が可能です。その細さは「ねじ呼び径(ギザギザ部分の直径)」で0.1mm。この細さのねじ穴を加工するためには、穴の直径よりもさらに細い工具が必要です。工具の先端の形は、電子顕微鏡を使わないと見えません。これらのねじは、医療機器などねじ止めが必要な機器での活躍が期待されています。


Micro thread cutting tool (MMTS)

NS TOOL CO.,LTD

This product features microfabrication that’s been enabled by the development of special tools.


よっ、舞台裏!

工具としての存在にこそ、本当の価値あり

たくさんのお金と時間をかければ、これまでにも世界最小のねじを1個なら作ることができたかもしれません。でも、それでは意味がないのです。ねじは、らせん状の溝のある「めねじ」と「おねじ」を組み合わせて、2つ以上の部品を固定するためのものです。らせん状の溝がしっかり合わないとねじが入らないため、らせん状の溝の幅やねじの直径などが「規格」で定められています。
規格化して、誰でも同じように世界最小のねじを作ることができてこそ、本当の価値があります。それを実現するのが、誰でも使うことができ、同じねじを作ることができる工具の存在です。そのために、工具の加工方法や使用する素材の検討も重ねて開発されています。

世界最小のねじきり工具で作った「おねじ」