展示ゾーン:源=みなもと

「おもてなし」の美意識を形に

黒織部茶碗

個人蔵

左右非対称の食器は日本では珍しくありませんが、他国にはほとんど存在しません。
茶道の教えは、主と客が対等に向き合い、相手を知り、違いを受け入れ、思いやり、調和することを楽しむ、和をもって貴しとなす、おもてなしの心により育まれ、洗練されてきました。大胆なデザインとして江戸時代に登場した織部茶碗は、自然の中の左右非対称や、未完成のような物足りなさに美を見出しました。一期一会を楽しむ仕掛けを生み、口当たりがよく持ちやすい機能性も有した、まさに日本のおもてなしの美意識が形になったものといえます。


Black Oribe tea bowl Created by Heiji Takiguchi

Private Collection

Boldly designed Oribe tea bowls, which began appearing during the Edo Period, showed an appreciation for the asymmetry found in nature and the beauty of imperfection and insufficiency, helping people enjoy each potentially once-in-a-lifetime encounter. They are also highly functional with textures that are pleasant on the lips and shapes that are easy to hold  truly an embodiment of the aesthetics of Japanese hospitality.