展示ゾーン:潜入!世界一ファクトリー

日本が得意とする、小型車のルーツのひとつ

ダットサンエンジン(7型)(1935年)

展示協力:日産自動車横浜工場ゲストホール.日産エンジンミュージアム

日本が得意とする小型車の歴史において、重要なエンジンのひとつ。1935年から第二次世界大戦まで生産された、ダットサン(14~17型)に搭載されました。当時として、ほとんどの部品を日本製とした初めてのエンジンと言われています。そのルーツは、日産自動車の前進であるダット自動車製造が開発した、小型乗用車「DAT91型」用の排気量495ccのエンジンです。


DATSUN Engine Model 7., 1935

Exhibition cooperation: Guest Hall of Yokohama Plant, Nissan Motor Company, and Nissan Engine Museum

This is one of the important engines in the history of compact cars, a field that Japan excels in. It remained in production from 1935 to the Second World War, and was installed in the Datsun (type 14 to 17). At the time, it was said to be the first engine with most of its component parts produced in Japan. Its roots lie in the 495cc engine used in the compact car DAT91, which was developed by Nissan’s predecessor company, DAT Jidosha Seizo Co., Ltd.