とじる

WHO'S WHO

寺薗 淳也

てらぞの・じゅんや

会津大学 先端情報科学研究センター
宇宙情報科学クラスター 助教

photo2 photo2

略歴
1967年東京都生まれ。91年名古屋大学理学部卒。95年東京大学大学院博士課程中退。宇宙開発事業団、宇宙航空研究開発機構、(財)日本宇宙フォーラムを経て、現職。

専門(研究分野等)
惑星地震学
 月震(=月の地震)解析、惑星内部構造探査
惑星地質学
 惑星表層過程、テクトニクス、定量解析
惑星情報学
 画像処理、波形処理、データ蓄積・公開手法
情報工学
 データベース、コミュニケーション論、情報伝達、
 情報デザイン
教育部門
 宇宙教育、天文教育、メディアリテラシー

研究者を目指したきっかけ
中学生の頃に見たテレビ番組「コスモス」、高校生の時に見たテレビ番組「パノラマ太陽系」にあこがれ、宇宙を専門とする科学者という職業に就きたいと強く願った。その後、地球科学を基盤として、月・惑星の研究をする惑星科学者としてその道へと進むことになった。

信条・座右の銘
研究と広報と教育は、すべてひとつのリングでつながっている。
自分の頭で考えよう。自分の力で進もう。

趣味
超長距離ドライブ(1日800キロも当たり前)
食べ歩き、飲み歩き、ねこ

主な著書/主な論文
『最新・月の科学』(共著、NHK出版、2008) 
『イケナイ宇宙学』(共訳、フィリップ・プレイト著、楽工社、2009)
『謎解き超常現象2』(共著、彩図社、2010) 5月頃出版予定

関連情報
寺薗淳也のウェブサイト「terakinizers!」
編集長を務めるサイト「月探査情報ステーション」
Twitter

上の写真は、種子島宇宙センターのVAB(機体整備棟)の最上部で撮影したもの。写真後方には射点が写っている。「私が宇宙開発、宇宙科学の現場にいることを示す、ある意味での“証拠写真”。