とじる

WHO'S WHO

馬場 章

ばば・あきら

東京大学院情報学環教授

photo2 photo2

略歴
1958年茨城生まれ。早稲田大学第一文学部卒業。東京大学史科編纂所助手を経て、同所助教授。2005年東京大学大学院情報学環教授に就任。現在に至る。

研究者を目指したきっかけ
25歳のとき、最初の論文が学会に認められ、ひょっとして研究を職業にできるかと考えた。しかし小学校の卒業文集にも学者か政治家か会社の社長になりたいと書いていたようだ。

信条・座右の銘
すべての研究の最終目標は世界平和の実現にある、大袈裟ですが本当にそう信じています。研究者にはそういう青臭さが必要かと。

趣味
とうとうデジタルゲームの趣味が仕事になってしまった。そこで新たな趣味を探索中。

主な著書/主な論文
最新刊は『上野彦馬歴史写真集成』(渡辺出版、2006年)の監修。

関連情報
馬場研究室 http://chi.iii.u-tokyo.ac.jp

右上の写真:スペースインベーダーの開発者 西角友宏氏のサイン。僕がはじめて夢中になったゲームがスペースインベーダー。大学生時代、僕は100円玉をたくさん持って、机上型のインベーダーゲームを置いていた喫茶店で何時間もプレイしたものだ。スペースインベーダーは青春時代の思い出に重なる。僕は東京大学の授業にスペースインベーダーの開発者である西角友宏さんをゲストとしてお招きした。そのときにいただいたサインは、研究室を飾る宝物となっている。