トピックスvol.8 分身ロボットの実現へ テレイグジスタンス

バックナンバーへ

「テレイグジスタンス」。聞き慣れない人も多いと思うが、「テレ(=tele:通信)」と「イグジスタンス(=existence:存在)」からなるこの言葉は、人の全身感覚と存在の拡張を意味している。電話が聴覚を拡張したように、ロボット技術とVR技術が全身感覚を拡張するのだ。提唱したのは東京大学の舘暲教授。まだ「バーチャル・リアリティ」が提唱される前、1980年のことだった。 提唱から25年を経た今、テレイグジスタンスの研究は、多くの人の目に触れる機会を得つつさらに進化している。研究の原点と今、そして今後の方向性を、東京大学の舘研究室をたずね、うかがってみた。(2006.9.20)この項、撮影=藤牧徹也

  • 発想の原点
  • 人の能力を拡張するロボット
  • 研究の先に広がるもの

2006 (C) NATIONAL MUSEUM OF EMERGING SCIENCE AND INNOVATION