特集 深海の科学  >  3人の研究者による3つの研究
3. 知られざる微生物の研究 ビジュアルサマリー

(6)今後の研究予定


研究室風景の培養機器
高井氏の研究室にある、微生物の培養器。海底下と同じ、高温・高圧の極限環境を人工的につくり出し、培養される。
地球深部探査船「ちきゅう」による沖縄トラフ熱水活動域の掘削計画が高井氏らにより提案されている。5年後を目指したこの掘削では、熱水噴出孔下を重点的に調査する予定。さらに、「ハイパースライム」の存在を直接的に証明するために、インド洋中央海嶺の熱水活動域の掘削計画にも着手している。この計画が実現されれば、この地域に最初に誕生した生命とそれを育んだ原始地球環境のかかわりが明瞭になると期待されている。

採取した微生物は、解析にかけられ、培養される。地球上の生物にはない性質を多く持つ新種の微生物の研究は、薬品や酵素の開発への応用が期待されている。

2006 (C) NATIONAL MUSEUM OF EMERGING SCIENCE AND INNOVATION