“科学”とひとくちに言っても、すでに確立して揺るぎないニュートンの法則から、異論続出の最先端仮説まで、そのありようはさまざまです。だから、私たちと科学の関係や、私たちと科学をつなぐものの姿も、なかなかとらえどころがなく、一筋縄では行きません。そんな混沌を少しでも見通し良くするために、科学とは何なのか、科学の鏡を社会に向けるとどう映るのか、みなさんと一緒に考えてみたいと思います。

« 2010年3月 | メイン 

#12-1:小川眞士(理科教師)

2010年4月20日

「理科的思考力」はどこに生まれるか(前半)


1use_mae.jpg
中学受験の進学塾で25年間、トップレベルのクラスを担当した有名理科教師。 受験指導のプロが、受験指導以前に大切にする「理科的思考力」とは何か? 全分野を内包する学習、身体感覚、グラフ……。キーワードをたどっていくとそれは、「人間としての力」につながるものでもあるようだ。 小さな教室のなかで営まれるユニークな指導を探ってみた。 (撮影=邑口京一郎)

続きを読む "#12-1:小川眞士(理科教師)" »

#12-2:小川眞士(理科教師)

2010年4月20日

「理科的思考力」はどこに生まれるか(後半)


6use_mae.jpg
後半の話題は中学入試の理科。最近の入試問題に見られる変化は、ここ何十年かの社会の変化とシンクロしていると小川氏は言う。 覚えるだけでなく、どれだけ理科的に考えるかが大切、と語る小川氏が子どもたちに託す思いとは?  その言葉は、「理科」がとても大きなものを孕んだ大切な教科であることを実感させてくれる。 (撮影=邑口京一郎)

続きを読む "#12-2:小川眞士(理科教師)" »

2006 (C) NATIONAL MUSEUM OF EMERGING SCIENCE AND INNOVATION