« 宇宙が近くなる本 | メイン | 

‘おいしく食べる’の本

2010年3月23日

2009年秋の本棚より

3-2shoku.jpg


15地球の食卓.jpg

『地球の食卓―世界24か国の家族のごはん』
ピーター メンツェル、フェイス ダルージオ 著/みつぢまちこ 訳(TOTO出版)

各国の最初のページには1週間分の食材と家族の写真が。北米や欧州では食材はほとんど工業製品。一方、アフリカや東南アジアでは、大地からそのままでてきたような自然な野菜や肉が写る。工業化は食料を清潔にして感染症などから私たちを守ってきた。でも、おいしそうな食べ物はどっち?と考えてしまう。[寺村]


16 たべものがたり.jpg

『たべものがたり―食と環境 7の話』監修・山本良一 (ダイヤモンド社)

食にまつわる7つの話。第2話は、牛が、牛肉になってスーパーに並ぶまでを紹介。ふだん、牛肉を食べていても、これが数日前まで命があって動いていたことを忘れてしまう。人は、一生でどれくらいの命を食べるのだろう?かわいそう、だけどおいしいは幸せ。せめて、食べ物の命に感謝して、残さずいただきます![寺村]


17食料の世界地図.jpg

『食料の世界地図』エリック ミルストーン 著/ラング ティム 原著
大賀圭治・高田直也・中山里美 訳(丸善)

食にまつわるさまざまな問題を40もの切り口で見る世界地図。今日、自分が何を食べるか、その選択が農地汚染やゴミ問題等々へと通じて地球環境へも影響していることがわかる。[寺村]


18ハイブリッド・レシピ.jpg

『ハイブリッド・レシピ』都甲潔 著(飛鳥新社)

牛乳+たくあん=コーンスープ!? 圧巻の70レシピ。食材の混合前、混合後を、最新の味覚センサで計測し「そっくり度」も実証。あなたの「おいしい」好奇心を刺激します。[桑子]


19まりか先生のおいしい実験キッチン.jpg

『まりか先生のおいしい実験キッチン―台所は研究室!』
内田麻理香、グループコロンブス 著(主婦と生活社)

パンとケーキ、ふくらむしくみは同じ? 水は電子レンジで温まりますね。では、氷も電子レンジでチンできる? 楽しみながら実験して、作って食べて、また実験![澁谷]


20楽しい昆虫料理.jpg

『楽しい昆虫料理』内山昭一 著(ビジネス社)

キワノモ、罰ゲーム? いえいえ、あなどることなかれ。21世紀の長期宇宙滞在計画では、環境と栄養にイイ新食材としても注目されています。採取し、育て、愛でるのが正しい昆虫食。[桑子]


21たべもののたび.jpg

『たべもののたび (かこさとし・からだの本2)』 かこさとし 著(童心社)

どうして食べなきゃいけないの? うんちはきたないもの? 身体の中をめぐる食べ物のゆくえ、栄養と消化のしくみを、やさしく教えてくれます。[桑子]


22食ショック.jpg

『食ショック』読売新聞「食ショック」取材班 著(中央公論新社)

「だじゃれか!?」とつっこみたくなるタイトル。でも中身は真剣だ。読売新聞社の記者たちの、地道で体当たりな取材による記事は、本来の食への態度にも通じる。読みごたえあり![森田]


 

2006 (C) NATIONAL MUSEUM OF EMERGING SCIENCE AND INNOVATION