地震・津波の基礎知識

質問: 地震で火山噴火は誘発される?

一般的に、地震の影響によって火山の噴火が誘発される可能性もあるのでしょうか。(50代男性・神奈川県)

回答:

可能性はありますが、3/27現在、表立って噴火に結びつくような現象は観測されていません。ただ、今回のような超巨大地震が起きた後にどのような火山活動が発生するのかは、観測を続けていく必要があります。

過去の事例としては、1707年(宝永)の東海・東南海・南海地震(M8.4)の49日後に富士山が噴火したことが挙げられます。大量の火山灰が関東一帯に降り積もりました。富士山の南東斜面にある大きな窪みがそのときの噴火口、宝永火口です。

当然この時代は地震計などの観測網はありませんが、古文書や地質調査などから地震および火山の規模や被害状況が推定されています。新田次郎は小説『怒る富士』の中で、宝永の地震とそれに引きつづいて起こった富士山の噴火を描いています。

(参考)
地震と火山活動の観測を行なっている東京大学地震研究所では、以下のような見解を示しています。

Q. 東北地方や関東地方の火山活動が活発化していると聞きましたが、本当ですか?
A. 本当です。大きな地震の後に周辺の火山の活動が一時的に活発化することはよくあります。今のところ、これら火山の活動も終息に向かっていますが、引きつづきモニターを行ないます。


執筆:科学コミュニケーター 岡山悠子
協力:日本地球惑星科学連合
2011/03/27 掲載


関連リンク

東京大学地震研究所
静岡大学防災総合センター 小山教授