公開研究プロジェクト「発見!きみたちのからだ」開催

子どもの体に眠る可能性を探り、次世代の運動能力開発へ 特別企画「超人たちの人体」 × 早稲田大学 連携企画

日本科学未来館

映像・反力解析による立ち幅とび計測(イメージ)

日本科学未来館(略称:未来館、館長:浅川智恵子)では、特別企画「超人たちの人体」の連動企画として、2021722日(木)~88日(日)、早稲田大学 スポーツ科学学術院 川上泰雄研究室とともに、市民参加型の公開研究プロジェクト「発見!きみたちのからだ」を開催します。

特別企画「超人たちの人体」の監修者のひとりであり、ウサイン・ボルトの体を調べた研究者である川上泰雄氏(早稲田大学 教授)は、子どもたちの脚の筋肉やジャンプ力などのデータから、運動能力向上の仕組みを探っています。今回の公開研究では、運動能力の基礎がつくられる3歳~12歳の子どもを対象に、研究機器を使って精密に身体・体力を測定。参加者の体に眠る可能性を探りながら、そのデータを次世代の運動能力開発に生かそうというものです。

3歳~12歳頃は、運動能力の基礎がつくられる大切な時期で、この時期の過ごし方が、大人になってからの運動能力や健康に大きく影響するとされています。今回の公開研究では、特に大きく影響すると言われる脚の動きに注目した計測を中心に行います。超音波で筋肉や脂肪の厚みを計測するほか、筋力計で脚の曲げ伸ばしの力や、床反力計や映像解析で垂直とび、立ち幅とびなどのジャンプ力を計測します。計測後には、研究者たちから、参加者のからだや運動に対するフィードバックが行われます。また、今回集めたデータは次世代の運動能力開発のために、論文および学会発表等に活用される予定です。

 ウサイン・ボルトの体を調べた研究者らによる公開研究プロジェクト。体を動かし、楽しみながら、未来に向けた研究活動にご参加ください。

実施研究者

川上 泰雄 氏

早稲田大学 スポーツ科学学術院 (スポーツ科学研究科・スポーツ科学部) 教授 / 総合研究機構ヒューマンパフォーマンス研究所 所長

人の体の動きや内部構造をさまざまな手法で可視化・定量化することで、運動の仕組みや身体に及ぼす効果を明らかにする研究を行っている。バイオメカニクスや運動生理学の専門家として、特別企画「超人たちの人体」の科学監修を務める。

概要

タイトル
公開研究プロジェクト「発見!きみたちのからだ」
開催日時
2021年7月22日(木・祝)~8月8日(日) 10:00~17:00 ※会期中、休館日はなし
開催場所
日本科学未来館 7階 コンファレンスルーム水星・火星・金星
対象
3歳~12歳 
※保護者の方のつきそいと、同意書および健康チェックシートへの記入、ご署名が必要です。
※動きやすい格好(タンクトップ・ノースリーブ・Tシャツ等、スパッツやショートパンツ、運動靴)が必要となります。会場には着替えスペースがあります。運動靴は外靴のままでも可。水泳キャップをお持ちの方はご持参ください。測定の際、衣服のすそをまくったり、テープなどで固定したりする場合があります。
定員
各日15人(予定) ※一人ずつ開始時間が異なります。所要時間は約60分。
参加費
無料(オンラインによる事前予約制・先着順)
主催
早稲田大学、特別企画「超人たちの人体」
URL
https://www.miraikan.jst.go.jp/events/202107012017.html
お問い合わせ
日本科学未来館
Tel: 03-3570-9151(代表)