新常設展示「“ちり”も積もれば世界をかえる」を3月3日に公開

宇宙・地球・生命の新たな常識を見出す基礎科学の最前線

日本科学未来館

展示外観とプロローグ映像のイメージ

日本科学未来館(略称:未来館 館長:毛利 衛)は、2021年33日に新しい常設展示「“ちり”も積もれば世界をかえる - 宇宙・地球・生命の探求」を5階「世界をさぐる」ゾーンで公開します。基礎科学が私たちの世界観を更新していることを知り、未知の領域を探求する研究活動の価値について考える展示です。小惑星探査機「はやぶさ2」、地球深部探査船「ちきゅう」や、アルマ望遠鏡の事例を通して基礎科学の研究者と同じ視点を体験できます。

宇宙や地球、生命の起源に迫ろうとする基礎科学は成果が出るまでに長い期間を要します。そのため、変化の速い社会の中では、学問としてその分野を探求する人以外には、研究の意義が伝わりにくくなっていると言えます。しかし、基礎科学の研究は50年、100年後の常識を更新するかもしれない人類の営みであり、近年重視されている社会課題解決のためのイノベーションといったテクノロジー(技術)の礎となっています。こうした研究活動はあくなき好奇心から根源的な問いに挑んできた人類の歴史の最前線であり、新たな常識を見いだし未来の教科書を更新していくものです。

本展示では、一部の観測機器を実際の大きさのグラフィックや模型で見ることができます。さらに微細なサンプルやわずかな情報から宇宙・地球規模の謎を解明しようとする研究活動のスケールを体感し、研究者がどのように「世界の見方」を獲得するかを理解できます。地球内部のシステム、太陽系の起源と進化、宇宙における物質分布という注目のテーマを通して、いままさに空間的・時間的に世界を広げようとしている科学の最前線を、研究者と同じ視点から見ることができる展示です。人類にとって未知の領域に向かう研究が私たちに何をもたらすのか、そして基礎科学の研究がもつ価値について改めて考える機会となるでしょう。

展示構成

プロローグ

プロローグ映像

これまでの世界観の変化を、入口では人類の好奇心と科学による発見の繰り返しをアニメーションで投影します。難しく思われがちな科学の営みを、ドット絵や水彩画風の技法を用いて誰もが親しみやすく表現します。

メインエリア

掘削用コアビット(実物)

1.海底下に挑む巨大な掘削船「ちきゅう」

東北地方太平洋沖地震調査の掘削で使用したコアビットの実物を展示します。人工ダイヤモンドなどの素材で作られている切削面が、掘削後にはボロボロに削られている姿から、コアサンプル(地質資料)を採取することの困難さを直接見ることができます。また、船体とドリルパイプの1/2000模型などから、研究の壮大さを感じることができます。

はやぶさ2再突入カプセル

2.小惑星に挑む探査機「はやぶさ2

「はやぶさ2」に搭載されたさまざまな機器(衝突装置爆薬部・サンプルキャッチャー・再突入カプセル)の実寸大模型を展示し、サンプルリターンのための創意工夫をお伝えします。さらに「はやぶさ2」のリアルな実寸大CG画像が、来館者の想像をかきたてます。

アルマ望遠鏡の受信機

3.宇宙に挑む66台の望遠鏡「アルマ」

実寸大のアンテナの写真とともに、実際に電波をつかまえる受信機と、虫眼鏡でも見えない微小な超電導素子の展示物から、アルマ望遠鏡の大きさと精密さが体感できます。またそれらを使って研究者が挑む宇宙の謎を、研究者のインタビューや実際の写真を交えた動画で順を追ってお伝えします。

エピローグ

好奇心と世界観の広がり

人類を駆り立てる好奇心と、その営みで得られた発見がどうつながってきたかを俯瞰的に示します。好奇心が新たな発見につながり、発見は新たな好奇心を生み出すという関係性と、徐々に広がる私たちの世界観を、巨大なパネルで表現しています。

概要

タイトル
「“ちり”も積もれば世界をかえる - 宇宙・地球・生命の探求」
公開日
2021年3月3日(水)
開館時間
午前10 時~午後5 時(入館券の購入は閉館時間の30 分前まで)
休館日
火曜日(火曜日が祝日の場合は開館)、年末年始(12月28日~1月1日)
展示エリア
日本科学未来館 5階 常設展示「世界をさぐる」ゾーン
入館料
大人630円、18歳以下210円 ※オンラインによる事前予約が必要です
企画制作
日本科学未来館
協力
海洋研究開発機構(JAMSTEC)、宇宙航空研究開発機構(JAXA)、国立天文台(NAOJ)
お問い合わせ
日本科学未来館
Tel: 03-3570-9151(代表)