オンラインイベント「AIに評価される時代がやってきた ―そのとき、あなたはどうする?」を開催

AIによる分析・評価・判断、どこまで許容できますか?

日本科学未来館

AIによる評価にどう向き合う?

日本科学未来館(館長:毛利 衛)は、2020年7月10日(金)、オンラインイベント「AIに評価される時代がやってきた―そのとき、あなたはどうする?」を開催します。
人工知能(AI)がさまざまな場面で私たちを評価する社会について、技術者、法律家、科学技術社会論の専門家とともに考えます。未来館が注目するテーマ「Miraikanフォーカス」(※)の関連イベントとして開催します。

AIは人の興味・関心や能力、職業適性などの評価、さらには体質的特徴の分析にも使われ始めています。個人に合わせたサービスや、組織にとって効率的・合理的な決定が実現できると期待されているからです。例えば、AIが個人の趣味や好みに合わせてお勧めの情報を提供したり、人事採用で企業に適切な人材を効率よく選んだり、さらに、医療では、その人が将来かかりそうな病気をAIが予測することで、発症を防げたりするかもしれません。しかし私たちは、AIによる評価結果を納得して受け入れることができるでしょうか。そもそも、人生の大切な選択をAIの判断に任せてもよいのでしょうか。

本イベント前半では、技術の観点からAIがどのようにして評価しているのかについて、また法学の観点からAIのリスクについて2人の研究者の話を聞きます。後半では、科学技術の社会的影響の研究に取り組む研究者も加えて、AIによる評価に私たちはどう向き合えばよいのか、AIが浸透した社会で私たちに必要なリテラシーとは何かについて一緒に考えていきます。

本イベントは、新型コロナウイルス感染症の感染予防と拡大防止のため、一般参加者の皆様には、ご自身の端末からオンラインでトーク内容をご視聴いただきながら、コメント等をいただくニコニコ生放送で実施します。
ご多忙のところ恐縮ですが、貴媒体にてご掲載、ご取材いただきますよう、よろしくお願い申し上げます。

※「Miraikan フォーカス」について
未来館では、科学技術が関わる重要な社会課題を注目テーマ「Miraikan フォーカス」として選定し、科学コミュニケーション活動を重点的に展開しています。第一弾は、人工知能が及ぼす社会変革をテーマに「ハロー!AI 社会~人工知能ってナンなんだ、そういう私ってナンなんだ」というタイトルのもと、さまざまなイベントや展示を実施しています。本イベントは、Miraikan フォーカスの活動の一環として展開します。
Miraikan フォーカス

基本情報

タイトル
オンラインイベント「AIに評価される時代がやってきた―そのとき、あなたはどうする?」
開催日時
2020年7月10日(金) 19:00~20:30
視聴方法
ニコニコ生放送にてインターネット放送します。
外部サイトへ移動しますhttps://live2.nicovideo.jp/watch/lv326664488
※ニコニコ生放送は、会員登録不要で視聴いただけます。
詳細URL
https://www.miraikan.jst.go.jp/events/202003281241.html
ゲストスピーカー
本橋洋介氏: 日本電気株式会社(NEC) AI・アナリティクス事業部 シニアデータアナリスト
山本龍彦氏: 慶應義塾大学 法科大学院 教授
江間有沙氏: 東京大学 未来ビジョン研究センター 特任講師
主催
日本科学未来館
一般からのお問い合わせ先
日本科学未来館
〒135-0064 東京都江東区青海2-3-6
TEL:03-3570-9151
FAX:03-3570-9150
お問い合わせフォーム
プレスからのお問い合せ先
日本科学未来館 事業部 事業推進課
広報・普及担当
TEL:03-3570-9192
FAX:03-3570-9150
お問い合わせフォーム