開館20年記念 常設展を3日間、特別無料開放

7月9日(金)~11日(日)、記念グッズも進呈

未来館外観

未来館は2021年7月9日(金)に開館20年を迎えます。これを記念して7月9日(金)~11日(日)の3日間、常設展を特別無料開放します。また、記念グッズの進呈も予定しています。

未来館は「科学技術を文化として捉え、社会に対する役割と未来の可能性について考え、語り合うための、すべての人々にひらかれた場」を設立の理念に2001年7月9日に開館しました。以来、館内外の多くの方とつながりを築いてきました。

記念クリアファイル・ステッカー

そうした長年応援してくださったみなさまへの感謝の気持ちを込めて開館記念日を含む7月9日(金)~11日(日)、常設展を無料開放するほか、入館された方に20周年記念のステッカーを、レストランやミュージアムショップなどのテナントを利用された方には記念のクリアファイルを進呈します。なお、新型コロナウイルス感染拡大防止のため、ご来館にあたっては、オンラインでの事前予約が必要となります。感染対策についても、公式サイトを確認のうえご来館いただくようお願いしています。

未来館では今年度から「あなたとともに『未来』をつくるプラットフォーム」というビジョンを掲げ、あらゆる人々が幅広い科学技術を体験し、未来の社会を想像し、よりよい未来に向けた行動を始めるためにさまざまな活動を展開していきます。

開館20年にあたって

日本科学未来館は2001年に開館して以来、東日本大震災や現在のコロナ禍など、いくつもの困難があった中、着実に発展を遂げ、未来志向の科学館として今や世界的にも名前を知られる存在となりました。これもひとえに支えていただいた多くのみなさまのご支援のおかげです。本当にありがとうございました。未来館はこれからも進化を続けます。あらゆる人々が立場をこえて、場所をこえて、つながり、ワクワクし、わたしたちの未来をつくりだすプラットフォームへ。これからの未来館に引き続きご期待ください。

日本科学未来館 館長 浅川 智恵子