日本科学未来館における新型コロナウイルス感染者の発生について

3月24日(水)、日本科学未来館(東京都江東区青海2丁目3番6号)で勤務する者1名が、新型コロナウイルス感染症に感染したことが確認されました。

当該勤務者は3月23日(火)に発熱の症状があらわれたことから、同日にPCR検査を受検、24日(水)に感染が確認されました。現在、症状は落ち着いています。

当該勤務者は、委託事業者のスタッフとして、21日(日)の出勤まで総合案内での受付業務等に当たっていました。保健所の助言に従って、当該勤務者とともに接触があったスタッフ3名を自宅待機としていましたが、PCR検査で3名全員の陰性が確認されました。

日本科学未来館では日々、展示フロアの消毒などを行っており、総合案内では飛沫防止のパーティションを設置しています。今後も、感染拡大防止の取り組みに努めてまいります。

(情報更新日:2021年3月29日)