令和2年 みどりの学術賞 受賞記念イベントの実施について

「みどりの学術賞」は、植物、森林、自然環境などについての国民の造詣を深めることを目的に、内閣総理大臣が授与する学術賞です。未来館では、みどりの科学コミュニケーター(※)を中心に、今年「みどりの学術賞」を受賞したお二人の研究者を招いてイベントを開催します。

1. 植物に問いかけよう!いったいどうなっている?変幻自在な体のしくみ

植物が自らの体を変える仕組みの多くは謎に包まれています。「良い問いを投げかけると、生物は答えを返してくれる」と話す東京大学名誉教授の福田裕穗さんは、どのように謎を解き明かしていったのでしょうか。参加者とともに迫ります。

開催日時:2020年10月18日(日) 14:30~15:30
視聴方法:YouTube Live(Miraikan Channel)にてインターネット放送します。
講師:福田 裕穗 氏(東京大学 理事・副学長、東京大学 名誉教授)
主催:日本科学未来館、内閣府(みどりの学術賞及び式典担当室)
イベント詳細はこちら

2. みどりでつくる、人とまち

みどりのある街は私たちの生活を支えるとともに、豊かな心を育みます。理論にもとづいた景観づくりを進め、市民とともにそれを守る活動をもリードしてきた、兵庫県立人と自然の博物館館長の中瀨勳さんにお話を伺います。

開催日時:2020年11月7日(土) 14:30~15:30
視聴方法:オンラインでの配信を予定しています(詳細は決まりましたらお知らせします)。
講師:中瀨 勳 氏(兵庫県立人と自然の博物館 館長、兵庫県立淡路景観園芸学校 学長、兵庫県立大学 名誉教授)
主催:日本科学未来館、兵庫県立人と自然の博物館、内閣府(みどりの学術賞及び式典担当室)

※みどりの科学コミュニケーターについて

日本科学未来館の科学コミュニケーターが、内閣府「みどりの学術賞及び式典担当室」より、「みどりの学術賞」への理解を深めるための「みどりの科学コミュニケーター」として任命されました。

【令和2年度 みどりの科学コミュニケーター(4月1日任命)】

  • 綾塚 達郎(日本科学未来館 科学コミュニケーター)
  • 深津 美佐紀(日本科学未来館 科学コミュニケーター)

ウェブサイトでの情報発信