未来館からのお知らせ

常設展ギャラリー、零壱庵の新規展示「GANGU」[2019年11月14日(木)]

常設展3階「未来をつくる」のギャラリー、零壱庵(ゼロイチアン)において、クリエイティブ集団PARTY(CEO:伊藤直樹氏)による、AIと人間が共同で制作した、おもちゃをコンセプトにしたアート作品「GANGU」を展示します。


アート作品「GANGU」 ©PARTY


「GANGU」は、成田空港第3ターミナルの空間デザインなどで知られるPARTYが制作。5歳児に見立てた人工知能が、車の画像を学習して描いた絵を、人間が立体に造形しました。展示ではこの作品とともに、人間がAIと共同で「GANGU」を創りあげていくプロセスも、グラフィックレコーディングの手法で壁一面に描かれたイラストで紹介します。本展示は、人間とAIが対立するのではなく、一緒に遊ぶ仲間であったり、ともに創るアーティストにもなったりできる未来を示したいと考えました。

未来館が注目するテーマ「Miraikan フォーカス」では、本展をはじめとして人工知能の新しい可能性について考えていく企画を実施しています。

開催概要

作品名
「GANGU」
公開日
2019年11月14日(木)
場所
日本科学未来館 3 階 常設展 零壱庵
企画・制作
AI +PARTY
監修
伊東順二氏 (美術評論家、東京藝術大学 特任教授)
展示プロデュース
内田まほろ、高橋里英子 (日本科学未来館)

注目テーマ「Miraikanフォーカス」について

未来館では今年度から、科学技術が関わる重要な社会課題を注目テーマ「Miraikanフォーカス」として選定し、科学コミュニケーション活動を重点的に展開していくことにしました。第一弾は、人工知能が及ぼす社会変革をテーマに「ハロー!AI社会~人工知能ってナンなんだ、そういう私ってナンなんだ」というタイトルのもと、さまざまなイベントや展示を計画・実施しています。
詳細はこちら

(情報公開日 2019年11月06日)

このエントリーをはてなブックマークに追加

未来館からのお知らせ