開催中・開催予定のイベント

[中高生編] 変わりゆく北極について考えるボードゲーム『The Arctic』体験会

要予約

海に浮かぶ流氷

北極で今何が起こっているのか、そして今後どうなっていくのか。皆さんに身近な問題として考えてもらいたいと、研究者と未来館がタッグを組んでボードゲーム『The Arctic』を開発しました!今回のイベントが初公開となります。

北極では、近年の地球温暖化が海氷の減少や凍土の融解など自然環境に急激な変化をもたらし、そこに住む人々や生き物の暮らしを脅かしています。
一方で、海氷の減少は、これまで難しかった北極の資源開発や航路としての利用を容易にするという側面もあります。そのため、これをビジネスチャンスと考えて、積極的に北極を利活用しようとしている人々もいます。

ボードゲーム『The Arctic』は、北極の今をさまざまな視点からとらえるために、海洋生態系、北極の文化、国際法などさまざまな学問分野の研究者たちが集結して開発を行いました。
『The Arctic』を通して、北極での暮らしや開発、北極研究の最前線を体験し、今後私たちはどのような選択をしていくべきなのかを考えてみませんか。

ゲーム体験後には、『The Arctic』の開発に携わった研究者による質疑応答の時間を設けます。北極のこと、研究のこと、このゲームのこと...。どのような疑問でも大歓迎です!皆様のご参加、お待ちしています。


ボードゲーム『The Arctic』について

『The Arctic』は4名~6名で行うボードゲームです。未来を担う中高生にも興味を持ってもらえるように制作しました。
ゲームが進むにつれて地球温暖化が進行し、ボード上に置かれた北極の海氷が減少していきます。ゲームのなかでは、トナカイの大量死や海への油の流出事故など様々なイベントが発生します。一方で、各プレイヤーには先住民や開発業者、研究者などの役割に応じてそれぞれミッションが与えられており、その達成のためには北極に対する何らかの活動が必要になります。それらのイベントや活動は、北極に住む人々や生き物にどのような影響をもたらすのか。そしてゲームが終了したとき、北極はどのような状態になっているのか。
視覚的にもわかりやすく、子供から大人まで楽しみながら、北極のこれからについて考えることのできるボードゲームです。
今後は未来館や各研究機関での体験会実施や、教育機関への出張授業などでの活用を予定しています。

なお、中学生・高校生以外の方向けに、同日午後より体験会もご用意しております(予約不要。当日先着順)。
詳細 https://www.miraikan.jst.go.jp/event/1908081024512.html

ホッキョクグマ

開催日時
2019年8月8日(木) 10:30~12:00
開催場所
日本科学未来館 3階 実験工房
対象
中学生以上(推奨 高校生)
定員
30名
参加費
入館料のみ
申込方法
WEBによる申込(ご本人含め同時に3人まで申込可能)、抽選制。
申込期間中、下記に表示される[お申込みボタン]より、「イベント申込フォーム」にてお申込みください。 抽選結果は締め切り後5日以内に、ご記入いただいたメールアドレスまで当選の可否をご連絡いたします。
申込期間
2019年7月10日(水) 10:00~2019年7月28日(日) 17:00
主催
日本科学未来館、北極域研究推進プロジェクト(ArCS)、海洋研究開発機構(JAMSTEC)、北海道大学、国立極地研究所
問い合わせ先
日本科学未来館
Tel: 03-3570-9151(代表)
イベントのお申し込み
このエントリーをはてなブックマークに追加