トークセッション「どう変わる!?がんとの向き合い方──人とAIでひらく新たな医療」3月8日ニコニコ生放送

ニコニコ生放送イメージ

AIの実用化がさらに進むと、がん医療の現場はどのように変わるでしょうか。研究者とともに考えるトークセッションです。

現在、様々な分野で注目を集めているAI(人工知能)。それはがん医療においても同様です。内視鏡画像などから、がんかどうかを見る画像診断にAIが使われ始めています。さらには、その人のがんにあった治療薬を探すことにもAIが使われようとしています。がんの遺伝子レベルの解析から治療法を探し出してくるのです。そうなると、思わぬ治療法が見つかるかもしれません。ですが、もし、AIに必要なデータが少なくて治療方法の提案を受けられなかったら、あるいは、もし、治療方法を提案されたとしても、それが日本ではまだ使用できない未承認薬だったら──あなたはどう感じますか?
本トークセッションでは、がん医療やがんにとどまらない医療分野全般におけるAIの可能性について、現状と今後の展望、またそこにはらむ倫理的・社会的課題について2名の研究者からお話をうかがいます。その後、いただいたコメントやアンケートを通して、新しい医療のあり方について考えます。
今や2人に1人はがんになると言われています。将来的には自分自身や周りの人が当事者となりうる疾患です。少し先の未来のがん医療について、この機会に一緒に考えてみませんか?

※新型コロナウイルス感染症の感染予防と拡大防止のため、本トークセッションは、ご自身の端末からオンライン上でトーク内容をご視聴いただきながら、コメント等をいただくニコニコ生放送で実施します。

講師紹介

宮野 悟 氏(東京大学医科学研究所ヒトゲノム解析センター センター長)
山口 類 氏(愛知県がんセンターシステム解析学分野 分野長、名古屋大学大学院医学系研究科 連携教授)
中田 はる佳 氏(国立がん研究センター 社会と健康研究センター 生命倫理・医事法研究部 研究員)

企画・ファシリテーション

鎌田芽生 (日本科学未来館 科学コミュニケーター)

放送日時

2020年3月8日(日) 13:00~15:00

視聴方法

ニコニコ生放送にてインターネット放送します。

視聴URL

ニコニコ生放送
https://live2.nicovideo.jp/watch/lv324605284

Miraikanフォーカスについて

本トークセッションは、科学と社会にまつわる未来館注目のテーマ「Miraikanフォーカス」の関連企画です。日本科学未来館では人工知能とこれからの社会をテーマに、「ハロー!AI社会 人工知能ってナンなんだ? そういう私ってナンなんだ?」というタイトルのもと、各種イベントや展示を実施しています。
Miraikanフォーカスについて

問い合わせ先

日本科学未来館
Tel: 03-3570-9151(代表)

(情報更新日 2020年3月4日)

このエントリーをはてなブックマークに追加
Twitterでリンクをあなたのフォロワーに共有する

お知らせ