中国初の宇宙飛行士が初来日、毛利衛と対談イベント[12月14日(土)]

トークイベント「二人の宇宙飛行士がみる未来の宙(そら)ー中国人宇宙飛行士・楊利偉氏来日記念ー」

定員になりましたので募集を締め切りました。

中文说明

国際会議で会話をかわす毛利と楊氏

2019年12月14日(土)、トークイベント「二人の宇宙飛行士がみる未来の宙(そら)ー中国人宇宙飛行士・楊利偉氏来日記念ー」を開催します。今回初来日となる中国初の宇宙飛行士、楊利偉(ヤン・リィウェイ)氏と、未来館館長毛利衛が、ともに政府の代表として初めて宇宙を訪れたという経験をもとに、宇宙を通じた科学技術や教育分野のこれからの協力の可能性などについて語ります。

楊氏は2003年10月に、中国初の有人宇宙船「神舟5号」で宇宙を訪れました。そのとき毛利が世界の宇宙飛行士仲間と連名で祝電を送りました。以来、国際会議などの場を通じて交流を続けてきた縁で今回の来日が実現しました。楊氏は国民的英雄として知られ、現在も中国の有人宇宙飛行プロジェクトに参画されています。

トークイベントでは、それぞれの宇宙飛行士としての体験談のほか、科学技術の発展や宇宙開発の意義、宇宙をテーマにした科学技術や教育分野に関する今後の交流のあり方について、来場者からの質問を受け付けながら議論を進めていくことにしています。

今回のトークイベントについて、毛利は「地球を飛び出した宇宙飛行士は国に関係なく緊急帰還時に保護されるように人類の代表として活動することが期待されています。今回、中国文化ではぐくまれた宇宙飛行士が何を見たのか聞くことを楽しみにしています」と語っています。対談の最後には両宇宙飛行士から、それぞれ宇宙を通じた日中友好のメッセージも発信する予定です。

開催日時 2019年12月14日(土) 14:30~15:45(受付開始:14:00)
※日中同時通訳をご利用いただけます。
開催場所 日本科学未来館 1階
参加費 無料
定員 約200名
申し込み方法 WEBによる申込、先着順。下記の「お申込みフォーム」リンクよりお申込みください。同時に5名まで申し込み可能です。定員に達し次第募集を締め切ります。
定員になりましたので募集を締め切りました。
主催 日本科学未来館
協力 駐日中国大使館
お問い合わせ先 Tel: 03-3570-9151(代表)




对谈会"日中首飞宇航员展望未来--中国首飞宇航员杨利伟来日纪念"

因达到人数限额,报名已经结束

日本語案内

杨利伟先生

日本科学未来馆(简称:未来馆。馆长:毛利 卫)将于2019年12月14日(周六)举办 "日中首飞宇航员展望未来--中国首飞宇航员杨利伟来日纪念"对谈会。杨利伟和未来馆馆长毛利卫分别为中日两国首位进入太空的宇航员,他们将通过各自的亲身体验,畅谈日中两国科学技术及教育交流前景,以及通过宇宙开发促进科技及教育领域合作的可能性。

杨利伟先生于2003年10月乘坐中国第一艘载人宇宙飞船"神州5号"进入太空并成功返回地球,当时毛利卫等世界各国宇航员联名向杨利伟发去了贺电,之后在多个国际会议等场合的合作交流进一步加深了两人的亲密关系,最终成功促成了杨利伟先生的此次访日。杨利伟先生是中国人民心目中的航天英雄,目前仍在中国的载人航天事业中发挥着重要作用。

在对谈会上,两位首飞宇航员将与听众共同分享在宇宙空间的经历,还将回答听众的提问并与听众共同探讨科学技术与宇宙探索的意义,以及宇宙开发领域的两国科技与教育交流。现在世界各国都在积极推进登陆月球与火星的载人宇宙探索,日本的做法是开展多边国际合作,中国则以自主开发为主,对此,两位首飞宇航员还将就两国未来在宇航领域合作的可能性发表各自的看法。

提及本次对谈会的意义,毛利卫表示:"因为宇航员是代表整个人类在探索宇宙,所以世界各国约定当离开地球的宇航员需要紧急返航时,无论降落在哪个国家与地区都要给予保护。我非常期待倾听与了解从中国文化中培养出来的宇航员他看到的宇宙世界有何不同。"对谈会结束时,两位宇航员还将发表宣言,通过宇宙探索寄语中日友好。

日期 2019年12月14日(周六)14:30~15:30(14:00~入场开始)
※提供日文和中文的同声传译。
地点 日本科学未来馆
参加费 免费
可容纳人数 約200名
申请方法 在网上报名。先到先得。请点击下面的链接开始报名。一次最多可报5人。达到预定人数后报名自动停止。
因达到人数限额,报名已经结束
主办单位 日本科学未来館
协办单位 驻日本中国大使馆
联络资料 Tel: 03-3570-9151(仅日语)


(情報公開日 2019年11月29日)

このエントリーをはてなブックマークに追加
Twitterでリンクをあなたのフォロワーに共有する

お知らせ