夏休み期間中に開催するイベントのご案内

日本科学未来館で夏休み期間中に開催するイベントをご案内します。日本科学未来館の研究エリアを公開するオープンラボをはじめ、最先端科学、宇宙、海洋、自然環境などをテーマに、子どもから大人まで楽しめる対話型のイベントメニューを取りそろえています。皆様のご参加をお待ちしています。


1. オープンラボ夏休みスペシャル「研究エリア」一挙公開!2019


さまざまな研究室が集まる未来館の「研究エリア」を特別公開します。普段は入れない研究室を自由に見てまわる「フリーウォーク」や、研究者による「研究室ツアー」や「トークイベント」などを通して、最先端の研究に触れることができます。
開催日:7月26日(金)・27日(土)、8月23日(金)・24日(土)
場所:日本科学未来館 常設展 3階・5階、研究エリア
イベントの詳細および参加方法はこちら

2. 第13回みどりの学術賞 関連トークセッション


第13回「みどりの学術賞」を受賞した二人の研究者をお迎えし、研究内容や成果、研究の背景、道のりなどを伺います。
開催日:8月3(土)、8月4日(日)
場所:日本科学未来館 5階 コ・スタジオ
※イベントの詳細および参加方法は以下をご覧ください。
8/3「理想のお米への道案内。イネ遺伝子の地図づくり」 8/4「土からはじまる都会のみどり」

3. ボードゲーム『The Arctic』体験会


北極の今と未来について考えるボードゲーム『The Arctic』を、海洋生態系、北極の文化、国際法など、さまざまな学問分野の研究者と未来館がタッグを組んで開発。ボードゲームを通して北極での暮らしや開発、北極研究の最前線を体験し、私たちはどのような選択をしていくべきなのかを考えます。
開催日時:8月8(木) ①10:30~12:00、②13:30~15:00、③15:30~17:00
場所:日本科学未来館 3階 実験工房
イベントの詳細および参加方法はこちら

4. アポロ月面着陸50周年コンテンツ


アポロ月面着陸船「イーグル号」の着陸時に、緊急事態が発生。その緊迫のストーリーと宇宙飛行士たちの勇敢なチャレンジを、当時の音声データを交えた映像作品として、直径約6メートルの球体ディスプレイ「Geo-Cosmos」で伝えます。
上映期間:7月20日(土)~9月16日(月・祝) ※9/3, 9/10は休館
上映時間:10:30~、13:30~、15:30~の約3分間
詳細はこちら

お問い合わせ

日本科学未来館
Tel: 03-3570-9151(代表)



企画展「マンモス展」-その『生命』は蘇るのか-


ユカギルマンモス(頭部冷凍標本)

2005年「愛・地球博」で700万人が熱狂した「ユカギルマンモス」をはじめ、近年ロシアの永久凍土から発掘された数々の貴重な冷凍標本を初公開する、史上最大規模のマンモス展。「マンモス復活」という人類の新たな夢と挑戦を通じて、最先端の生命科学の"今"と"未来"、そしてその在り方についても考えます。
会期:2019年6月7日(金)~11月4日(月・休)
時間:10:00~17:00(入場は閉館時間の30分前まで)
場所:日本科学未来館 1階 企画展示ゾーン
詳細はこちら

(情報公開日 2019年7月11日)

このエントリーをはてなブックマークに追加
Twitterでリンクをあなたのフォロワーに共有する

お知らせ