「塔の上のラプンツェル」のあのシーンがインタラクティブ表現に? チームラボによる新展示が8月1日より登場!


企画展「ディズニー・アート展 いのちを吹き込む魔法」に、8月1日(火)より新展示が登場します。

本展示は、ディズニー長編アニメーション第50作記念作品「塔の上のラプンツェル」のワンシーンを、無数のランタンで埋め尽くされた空間で表現した、インタラクティブなインスタレーション作品です。大切な人を想う気持ちを象徴的に表した「塔の上のラプンツェル」のランタンの前に来場者が立ち止まると、ランタンが強く輝き、周囲のランタンに伝播していきます。

このインスタレーションの技術はチームラボにより開発され、ウォルト・ディズニー・アニメーション・リサーチ・ライブラリー、ウォルト・ディズニー・アニメーション・スタジオの協力のもと、来場者に一度だけの特別な体験と瞬間を提供します。

■新展示: 「ウォルト・ディズニー・アニメーション・スタジオ 塔の上のラプンツェル エクスペリエンス」powered by teamLab
公開期間: 2017年8月1日(火)~ 9月24日(日)
場所: 日本科学未来館 7階 特設会場

企画展「ディズニー・アート展 いのちを吹き込む魔法」

このエントリーをはてなブックマークに追加
Twitterでリンクをあなたのフォロワーに共有する

お知らせ