2008年4月24日(木)より3階「情報科学技術と社会」にて、新展示「メディアラボ」を公開します

0413_02.jpg
メディアラボ展示壁(メディアウォール)

0413_02.jpg

メディアラボは、通常の展示物とは異なり、汎用性の高い可動型の展示壁(メディアウォール)により構成される空間で、展示用途を限定しません。シンプルな中にも機能性を満たした設計となっており、情報科学技術や来館者のニーズの変化に伴い、展示物やレイアウトを変化させることはもちろん、来館者の皆様の反応などを反映しながら、自在に新しい空間をつくることができます。 メディアラボのオープニングに際しては、4月24日(木)より8月31日(日)まで、「表現する研究者たち」と題した展示を行ないます。
アートとテクノロジーとサイエンスの融合から生まれ、従来のアートの枠組みに挑戦する取り組み"デバイスアート"の世界を紹介します。


メディアラボ第1期展示 「表現する研究者たち」

【公開時期】2008年4月24日(木)-8月31日(日)
【監修】岩田洋夫(筑波大学大学院システム情報工学研究科 教授)

展示構成

step1: イントロダクション

0413_02.jpg
モルフォタワー/二つの立てる渦
2007 (c) Sachiko Kodama
0413_03.jpg
サッカード・ディスプレイ
(c) Hideyuki Ando, Taro Maeda, Junji Watanabe

部品や技術を隠すのでなく、素材を生かしながらコンテンツと一体化させるといったデバイスアートの概念のわかりやすく紹介します。

step2: 表現者に学ぶ (作品展示)

実際にデバイスアート作品の数々を体験します。また、作品の狙いや技術的背景についても解説します。

step3: 表現者になる (実演・ワークショップ)

展示作品で使われている技術を、未来館の科学コミュニケータの実演により紹介します。また、情報技術を使って表現する、参加型のワークショップを開発します。(※ワークショップの詳細は、別途ご案内します。)

step4: 表現者とつながる

情報技術を使ったコミュニケーションシステムなどを用いて、展示エリアのデータを研究活動にフィードバックします。



【出展作品】
安藤英由樹・前田太郎・渡邊淳司 《 サッカード・ディスプレイ 》
稲見昌彦 《 RobotPHONE 》
岩田洋夫 《 Floating Eye 》
ジェームス・クラー 《 3D Display Cube 》
クワクボリョウタ 《 ヴォモーダ 》
児玉幸子 《 モルフォタワー 》
土佐信道 《 ノック!ミュージック プログラム 》
八谷和彦 《 空を見るための望遠鏡 》

このエントリーをはてなブックマークに追加
Twitterでリンクをあなたのフォロワーに共有する

お知らせ