学校団体向けプログラム

日本科学未来館では、来館する学校団体を対象にレクチャーやワークショップなどを実施しています。受講を希望される場合は、以下をご確認いただきお申し込みください。

※当面の間、学校団体向けプログラムの予約受付は休止しております。

受講申し込み

団体での来館予約を行ったうえで、下記項目を団体予約担当にお伝えください。
1.希望プログラム名
2.希望実施時間
3.参加人数
上記を確認後に実施できるかご回答いたします。

※プログラムの実施は平日のみ、1団体様1つに限らせていただきます。
※ご予約は先着順となり、ご予約が重複する場合はお受けできない場合もございますので、ご了承ください。
※時期によっては予約をお受けできない場合があります(GW、お盆期間、イベント開催時など)。
※会場の状況によっては、定員以内の人数であっても承れない場合がございますので、ご了承ください。

団体予約はこちら

申込受付期間

実施希望日の属する月の6ヶ月前の月初から3ヶ月前の末日まで(例:実施希望日11月13日→予約期間5月1日~8月30日)

プログラム一覧

小学生対象

30min.サイエンス「どうする?これからの電気」

30min.サイエンス「地震の国で生き残れ!」

環境課題学習ボードゲーム「The Arctic」

中学生対象

ワークショップ「放射線ってどんなもの?」

ワークショップ「エネルギーの選択」

ワークショップ「人工知能との向き合い方」

SDGsワークショップ「気候変動から世界を守れ!」

環境課題学習ボードゲーム「The Arctic」

高校生・大学生・大学院生対象

ワークショップ「考えてみよう! ヒトの遺伝子操作はどこまで可能?」

SDGsワークショップ「気候変動から世界を守れ!」

環境課題学習ボードゲーム「The Arctic」

小学生対象

30min.サイエンス「どうする?これからの電気」
トーク形式のプログラムです。火力・原子力・再生可能エネルギーの3つの電源について、発電方法を簡単に紹介した後、エネルギー選択で重要な5つの視点(いつでも使えるか、将来も使えるか、環境負荷、コスト、安心・安全)を提示し、それぞれの視点から、各発電方法のメリット、デメリットを学びます。最後に、自分たちは何を大切にして発電方法を選ぶのか、参加者同士で話し合いながら、エネルギー選択とこれに伴う「対話」の重要性について学んでいきます。
所要時間:30分
対象: 小学4年生~小学6年生
定員: 80名


30min.サイエンス「地震の国で生き残れ!」
トーク形式のプログラムです。本プログラムでは、自然災害の中でも特に日本において頻繁に起こる地震をテーマとし、地震の起こる場所や地震による被害の種類(家屋の倒壊・火災・津波・土砂災害)を紹介した後、生徒自らが危険に気付き・行動する考え方を学びます。
また、本プログラムは、事後学習として学校の教科学習と連動した防災学習を行うことも可能です。
所要時間:30分
対象: 小学4年生~小学6年生
定員: 100名程度

中学生対象

 

ワークショップ「放射線ってどんなもの?」
ワークショップ形式のプログラムです。五感で感知できない放射線の存在を「霧箱」を使って確認した後、放射線に関する基礎知識や、人体への影響について解説し、その場の空間線量を実際に測ります。測った空間線量も参照しながら、日々、自然放射線を浴びていることをあらためて確認するとともに、放射線と向き合う姿勢について、参加者と科学コミュニケーターとが双方向にやりとりをしながら考え、社会における科学技術の「リスク」と「ベネフィット」について学んでいきます。
所要時間: 60分間
対象: 中学生
定員: 40名


ワークショップ「エネルギーの選択」
ワークショップ形式のプログラムです。火力・原子力・再生可能エネルギーの3つの電源について、発電方法を簡単に紹介した後、グループに分かれて、グラフやデータを読み解きながら、それぞれの発電方法のメリット、デメリットを洗い出し、グループごとに発表します。
ここで提示される、エネルギー選択で重要な5つの視点(いつでも使えるか、将来も使えるか、環境負荷、コスト、安心・安全)について、どこに重点を置いてエネルギーを選択するか、再度グループで話し合い、最後に選択結果を理由とともに発表します。
それぞれの選択の違いが浮き彫りになり、エネルギー選択と、これに伴う「対話」の重要性についての学びが生まれます。
所要時間: 90分間
対象: 中学生
定員: 40名


ワークショップ「人工知能との向き合い方」
人工知能とはどのような技術で、これから私たちにどのような可能性をもたらすのでしょうか。人工知能とのつきあい方を考えるワークショップ形式のプログラムです。前半は講義形式で「人工知能」の概要や、現在行われている研究など紹介します。後半はグループワークで、よりよい社会に向けた人工知能の最適な利用法を参加者自ら提案します。「人工知能」が実用化された社会にもたらされる「リスク」や「ベネフィット」について考えていきます。そして中学生が大人になった頃に本格的に訪れるであろう「人工知能とともにある社会」を生き抜く素養を醸成することを目指します。
所要時間: 50分間
対象: 中学生
定員: 40名

高校生・大学生・大学院生対象

ワークショップ「考えてみよう! ヒトの遺伝子操作はどこまで可能?」
ワークショップ形式のプログラムです。参加者によるディスカッションを中心とした構成です。
はじめに「ゲノム編集」の技術に関する基本的なレクチャーをうけ、続いてグループワークに移ります。ある架空の病気を設定し、患者の日常的な負担や、治療による将来的なリスクを条件として提示した上で、治療にゲノム編集の技術を使うことの是非について、理由とともに考えます。さらに条件を変えて、質問を重ねていくことで、リスクや倫理問題を伴う技術を利用する是非と、その境界線について考えていくワークショップです。
所要時間: 90分間
対象: 高校生
定員: 8~40名


SDGsワークショップ「気候変動から世界を守れ!」
ワークショップ形式のプログラムです。参加者によるディスカッションを中心とした構成です。
2015年9月の国連サミットで採択された持続可能な開発目標(Sustainable Development Goals:SDGs)の17の目標の一つである「気候変動に具体的な対策を」をテーマにしたボードゲームを用いたワークショップです。
ボードゲームは、1グループ2~5人で1カ国を担当し、合計5カ国のグループに分かれて行います。国のリーダーの立場になって、気候変動から国を守るために、科学者が示した情報や自国の経済事情などをもとに国の方針を決めていきます。国内での意見の相違に触れたり、事情の異なる他国と議論したりすることで、グローバルな視点や思考力を養い、課題解決における対話の重要性を学びます。
所要時間: 約90分間
対象: 高校生(中学生を対象に実施することも可能です。)
定員: 12~50名


環境課題学習ボードゲーム「The Arctic」
温暖化は地球をどのように変えてしまうのでしょうか。
このプログラムでは、地球温暖化の影響が顕著に表れている北極(英: Arctic)を舞台としたボードゲーム「The Arctic」を使い、楽しみながら環境問題について学ぶことができます。
ゲームの中で温暖化が進行するにつれ、北極の海氷が減少し、それに伴い次々に問題が巻き起こります。その問題に対して参加者は、海洋環境・生態系、文化、経済、法律など多様な観点で課題に向き合い、チームで話し合いを重ねながら対策を講じることで、持続可能な北極を目指します。
本プログラムを通じて、北極で実際に起こっていることを学びながら、環境問題を多面的に捉える力、課題解決に向けた対話力、環境への具体的なアクションを提案する力を養うことを目指します。(北極域研究推進プロジェクト(ArCS)との共同開発)
所要時間: 75分間
対象: 小学4年生~大学院生(推奨:中学生以上)
定員: 15名~100名程度

素材・教材の提供

一部のプログラムは、普及用の素材・教材を提供しています。

資料提供の詳細はこちら

お問い合わせ

日本科学未来館 団体予約受付担当
TEL: 03-3570-9188(開館日の10:00~17:00)
FAX: 03-3570-9150
Webでのお問い合わせ

ご利用案内