2002年1月20日(日)友の会新年会

20020120_02.jpg
20020120_01.jpg

友の会新年会が1月20日(日)にみらいCANホールで開催され、273名の会員が参加しました。前半は、会員の懇親を深めながらビデオを上映して未来館とその活動の紹介があり、ゲームなども楽しみました。
後半には毛利館長を迎え、まず子どもたちがメッセージを発表しました。発表者は、内藤智哉さん(8)、菅井壮宇さん(8)、高橋理沙さん(9)、鈴木崇之さん(9)、鎌田瑞生さん(10)、それに兄弟参加の佐藤友香里さん(13)、正崇さん(10)、永美香さん(8)です。この後、全員がグループごとに毛利館長と記念撮影を行い、その準備時間には毛利館長が参加者からの質問を受けました。引き続き、大人のメッセージとして、鈴木真弓さんと名取美香さんにお話しいただきました。
最後に毛利館長のお話があり、アシモ入社の新聞記事を誤解して「そのロボットをたたき壊したくなった」という方に正しい目的を館長が説明したエピソードがあり、科学技術と私たちひとり一人の関係を考えることの大切さと日本科学未来館の果たすべき役割について館長の想いが紹介されました。終了後、アンケートにより貴重なご意見を多数いただいたので、今後の活動企画に反映させていただきます。

参加者の声:潮見和幸さん

20020120_01.jpg


こんにちは。新年会に参加し毛利館長に会えてうれしかったです。その後、展示室を見てからロボット・ミーム展を見に行きました。いろんなロボットを期待していたのですが、三つしかなくて残念でした。ですが、一番おくまで行くと、自分の好きな大きさのロボットをパソコンで作って展開図を持ち帰れるコーナーがあったので早速やりました。帰りの電車でふと考え、ホンダのASIMOが作れるなあと思い作ってみました。工夫したところは、関節の部分に丸い紙をはりつけて、本物をまねた部分です。また胸の部分に付けたみらいCANのマークは新年会の記念バッジをうつしました。写真で見てください。

このエントリーをはてなブックマークに追加
Twitterでリンクをあなたのフォロワーに共有する

友の会